発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

チームが苦手な発達障害の子が陸上で大活躍

time 2017/12/11

この記事は約 2 分で読めます。

チームが苦手な発達障害の子が陸上で大活躍

アンジェロ・ザミットはオリンピックで走ることが夢です。

先月、州で行われたリトルアスレティックスで準優勝を決めて、8歳の少年の夢が決まりました。

アンジェロは発達障害のために、チームスポーツは苦手です。
しかし、陸上競技には問題はないと母親のタニアは語ります。

「スポーツはパートナーシップを学べるものだけではありません。
自分自身に挑戦することもできます。そういうスポーツを探していたんです。

息子は走ることが大好きです。
息子は、ウサイン・ボルトのようになりたいんです。」

2年前、リトルアスレティックスに参加するようになってから、息子は元気になってきたと言います。

アンジェロは特にハードルが得意です。

「陸上のクラブは最高です。

息子を特別扱いしたりしません。
息子のできることを認めてくれています。

子どもたちは笑って走り回って、楽しんでいます。」

そう母親のタニアは言います。

チームが苦手な発達障害の子が陸上で大活躍 r2

マウント・ドリット・リトル・アスレティックスチームの監督、レニー・ヤングは、アンジェロの他にはメダルを撮ることができなかったので、チームの誇りになっていると言います。

「アンジェロはこのチームで一番速いんです。」

このチームは55名だったのが、160人にまで増えています。

監督のレニーは、障害のある子どもたちの選手をもっと増やしていきたいと言います。

「私は障害のある子どもたち、特に発達障害の子どもたちによい機会が今、十分にあるとは思ってません。

我慢することが難しい子どももいます。
私は、ここでそういうことができるようになってほしいと思います。

発達障害のアンジェロも、他のすべての子どもたちと変わるところはありません。

どんな人でも、ここで一緒に挑戦してみましょう!」

(出典・画像:豪Star

私も子どもの頃、バスケットのチームや部活に入っていましたが、チームよりも一人で頑張れるもののほうが性に合っていた気がします。

チームが苦手でも、スポーツはいろいろたくさんあるので、好きなものを見つけてみんなが楽しめればと思います。

うちの子どもと一緒にできる運動は、一緒に手を繋いでちょっと走るくらいですが、本当に楽しいです。

発達障害レーサーの活躍が家族の応援になる

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ

Don`t copy text!