発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害が正しく理解ができる動画製作で母は他の家族も支援する

time 2018/01/05

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害が正しく理解ができる動画製作で母は他の家族も支援する

パーティーに誰からも招待されることがなかった小さな子が主役になった、新しいテレビドラマが誕生するかもしれません。
レイリー・ステファンソンは6歳。発達障害の女の子です。
発達障害のために、人から誤解されたり避けられたりすることがあります。
レイリーの父親の、レイリーをパーティーに招待してくれない友だちについての不満の書き込みはネット上で話題になりました。
大きな反響があり何千ものメッセージが届きました。
m1-1 発達障害が正しく理解ができる動画製作で母は他の家族も支援する
母親のクリスティンは、娘のレイリーのつらい経験を活かして、発達障害について「正しい理解と心温まる面白い」短編動画を作ることを考えています。
その短編動画をもって、テレビ局に長編のドラマを作るように売り込みをする予定です。
「テレビドラマになれば、たくさんの人に知ってもらえます。
このドラマで、発達障害について理解してもらい、根深い偏見もなくすことができるかもしれません。」
テレビで放映されることで、たくさんの他の発達障害の子の家族の助けになることを願っています。
短編動画は、レイリーの母親のクリスティンや他の発達障害の子の母親たちによって作られている、発達障害者の支援団体によって制作されます。
m2-1 発達障害が正しく理解ができる動画製作で母は他の家族も支援する
クリスティンはこう言います。
「家族たちは支援を必要としています。
母親たちはみんな同じように困っていました。
私はたくさんの母親たちともっと話をしたい、大丈夫と言いたい。
そして、発達障害について知りたかったら、発達障害の人と話をしてみればいいと思います。
そこから始まります。
動画では、子どもたちが適切な支援を受けることができるように、日常生活で直面している困難についてとりあげていきます。
そして、発達障害の子どもたちを受け入れて、多様性に喜んでください。
動画では、レイリーの将来の姿、成人に成長して、すばらしくて面白い人になっているのを見ることができます。」
(出典・画像:英Chronicle Live
動画を見ることによって誤解もなくなり、前向きになれる家族も少なくないはずです。
テレビドラマ実現するといいですね。
適切な支援で発達障害の子は夢に挑戦できる

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「そっと楽しんでるよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。