発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

目の動きの調査結果、発達障害の人が見ないのは顔や目だけでない

time 2018/01/25

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

目の動きの調査結果、発達障害の人が見ないのは顔や目だけでない
  • 世界を異なる視点で見ているのか?
  • 人の顔を見ることが苦手なのは本当?
  • 多くの刺激に対してどのような反応を示すのか?

発達障害の人は世界を別のように見ています。
発達障害の人の多くの特徴として、人の顔を見ないということがあります。
また、多くの刺激を受け取ってパニックになってしまいやすこともあります。
そして、あることに強く執着することもあります。
これまでの研究では、そのような発達障害の人たちがもつ違いを見つけてきましたが、今回の研究は自閉症スペクトラム障害の人の診断にも役立つものです。
“the journal Neuron”に掲載された研究では、39人の参加者に700の画像を見せ、目の動きを調査しました。
参加者は自閉症スペクトラム障害と診断をされている人たちとそうでない人たちが半数ずつです。
c3 c5
「他の研究結果で知られているように、自閉症スペクトラム障害の人は人の顔を見ない、というだけではありませんでした。
顔だけでなく、多くのものに注目をしていないのです。」
そう、カリフォルニア工科大学の神経学者、ラルフ・アドルフは述べています。
次の画像では、見ている人の視線がどこに集中していたのかを色で示しています。
赤いところが、視線が集まっていたところです。
左側の自閉症スペクトラム障害の人たちの画像、そうでない人たちの右側の画像、を比べれば見ているものの数が違うことが明らかです。
自閉症スペクトラム障害の人たちは、そうでない人たちが見ているものの多くを、見ていないのです。
c7 c2
(出典・画像:豪BUSINESS INSIDER
どう違うのか、それがよくわかるほど、違わない関係が築きやすくなります。
うちの子も、人の顔に限らず、注目するものが少ない気は昔からしていました。
そして、注目することもしない動機の少なさ?違い?は、その後の発達に大きく影響を与えることは言うまでもないでしょう。
発達障害児が視線を合わせ表情を学ぶゲーム

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。