発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の少年へ少しの配慮でうれしい体験

time 2018/02/18

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の少年へ少しの配慮でうれしい体験

Lidlスーパーの新店舗がオープンするときのVIP待遇が、発達障害の小さな男の子の夢をかなえました。

イギリスにあるジャンクションロードに新しいお店がオープンしました。

お店が開くのは午前8時ですが、5歳のデイトン・スペンスはその前の時間にお店に入れるように招待されました。

発達障害のデイトンは、その招待にとても興奮しました。

母親のニッキーとお店を独り占めできる時間をもてたのです。

「私には理由がわからなかったのですが、いつも息子は買い物に行くのをひどく嫌っていました。

しかし、Lidlスーパーだけは、すごく好きでした。

お店のロゴも大好きで、Lidlスーパーに行くときは本当に喜んでいました。

発達障害の少年へ少しの配慮でうれしい体験 s2

学校に息子を車で連れていく途中に、工事しているところがありました。

そこがLidlスーパーになることがわかると、息子は本当に喜んで興奮していました。
お店がオープンするのを心待ちにしていました。

お店がオープンするというチラシをもらうと、息子はもう夢中でした。

Lidlスーパーと叫びながら喜んでいる息子の姿を動画に撮りました。」

発達障害の少年へ少しの配慮でうれしい体験 s9 発達障害の少年へ少しの配慮でうれしい体験 s6 発達障害の少年へ少しの配慮でうれしい体験 s7 発達障害の少年へ少しの配慮でうれしい体験 s11 発達障害の少年へ少しの配慮でうれしい体験 s10 発達障害の少年へ少しの配慮でうれしい体験 s8

Lidlスーパーの新しいお店の店長は、デイトンのその喜びを知りました。

そして、他の人より早くお店に入れるように招待したのです。

「息子のデイトンには、他の人がいない時間であることは助かります。

お店や倉庫を見学しました。
興味があるところをいろいろ見せて頂きました。

発達障害の少年へ少しの配慮でうれしい体験 s1 発達障害の少年へ少しの配慮でうれしい体験 s3

息子は本当に楽しんでいました。

学校の宿題には、この体験を書くつもりでいます。」

この新しいLidlスーパーのオープンで、英国ではちょうど700店舗目になる記念となるものでした。

(出典・画像:英GazzeteLive

店長さんのちょっとした配慮で、親子にとっては一生忘れられない宝となる体験になったはずです。

素敵な話しですね。

高機能自閉症の女の子のAmazonプライム

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ

Don`t copy text!