発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の息子は絵に出会うまでは自分だけの世界に住んでいた

time 2018/04/10

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の息子は絵に出会うまでは自分だけの世界に住んでいた

ある発達障害の高校生が、情熱で発達障害に負けないことを証明しています。

発達障害のマシュー・ブリードラブは、ブルー・バレー・ノース高校に通っています。

マシューは芸術家です。

発達障害の息子は絵に出会うまでは自分だけの世界に住んでいた e6  発達障害の息子は絵に出会うまでは自分だけの世界に住んでいた e10 発達障害の息子は絵に出会うまでは自分だけの世界に住んでいた e8
趣味のレベルを超えています。マシューの絵の最初の展覧会には200人以上が訪れました。

30以上の絵画を数百ドル以上で販売しました。

マシューの母親のレスリー・ブリードラブは、生後18ヶ月で他の子どもと違うことに気づきました。

名前を呼んでも反応することはなく、目をあわせることもありません。

年齢相応のやりとりもありませんでした。

発達障害の息子は絵に出会うまでは自分だけの世界に住んでいた e4 発達障害の息子は絵に出会うまでは自分だけの世界に住んでいた e5

医師から発達障害と診断をされたときは恐ろしかったと言います。

「将来が真っ暗になりました。

多くの発達障害の子と同じように、絵に出会うまでは自分だけの世界に住んでいました。」

そう母親のレスリーは言います。
マシューはこう言います。

「私は頭の中を見て、それで絵を描きます。

美術館の絵に触発されました。」

マシューはブラシとパレットナイフを使って傑作を生み出します。

発達障害の息子は絵に出会うまでは自分だけの世界に住んでいた e3 発達障害の息子は絵に出会うまでは自分だけの世界に住んでいた e13 発達障害の息子は絵に出会うまでは自分だけの世界に住んでいた e9 発達障害の息子は絵に出会うまでは自分だけの世界に住んでいた e7

キャンバスに自分自身を表現する能力は、マシューの他の生活の場面でも役に立つようになりました。

ブルー・バレー・ノース高校では陸上部に入り、入賞に貢献しています。

マシューは自分の写真を撮ることが好きです。
そして、音楽にも情熱を持っています。

マシューは絵を売って得た利益の半分を、発達障害者への支援団体に寄付しています。

残りの半分で絵を描くのに必要なものを購入しています。

発達障害の息子は絵に出会うまでは自分だけの世界に住んでいた e12

(出典・画像:米fox4kc

高校生にして、絵がたくさん売れるようにまでなるなんてすごいですね。

豊かな彩色に心動かさられるものを感じられるのでしょう。

ますます、のびのび、ご活躍頂きたいですね。

ハリウッドスターも購入。発達障害少女の絵

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!