発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

特別支援が必要な子どもたちへの安全なジム

time 2016/07/10

この記事は約 2 分で読めます。

特別支援が必要な子どもたちへの安全なジム

米インディアナ州グリーンウッドに、発達障害や特別支援を必要とする子どもたちにとって新しくて安全な遊べる場所ができました。
特別支援が必要な子どもたちへの安全なジム p1-1024x768

この「We Rock The Spectrum」ジムのオーナーは、求められているニーズにあった、子どもたちがよりよい生活を送れるような場所にしたいと願っています。

「私がこのジムについて聞いた時、すぐに私たちの地域にとって必要とされているものだとわかりました。このジムのアイデアにとても興奮をしました。私はこれまでに18年間、特別支援教育を行っていました。」

オーナーのエミー・フィリップスはこのように言います。
この先生は教室を越えて、活動をはじめました。

「この考えに共感するたくさんの家族たちがいました。私はそれを実現したいと思いました。」

ここに置かれている器具は、感覚機能に問題を抱える子どもたちにあわせてのオーダーメイドです。ターザンロープは上腕の力をつけるのに役に立ちますし、ちぎられたクッション材でやさしい着地ができます。
ブランコは、心地よく子どもを揺らすようにできています。

特別支援が必要な子どもたちへの安全なジム p5-1024x768 特別支援が必要な子どもたちへの安全なジム p4-1024x769 特別支援が必要な子どもたちへの安全なジム p2-1024x768 特別支援が必要な子どもたちへの安全なジム p7-1024x768

「子どもたちはここで座ると、とてもリラックスします。
たくさんの時間を使って、体操の先生にここにある器具で教えてもらうことができます。」

 

このジムには落ち着ける部屋もあります。
落ち着けなくなってしまった時はそこで休むことができます。

特別支援が必要な子どもたちへの安全なジム p9-1024x768

「特別支援が必要な子どもたちには、ちょっと休むことも必要です。どうしようもなくなることがあるので。」

 

エミーは、インディアナポリス地域中の特別支援を必要とする子どもと親たちに来てもらいたいと言っています。

夫のニックも、ここが全ての子どもと家族が心休める場所になってほしいと願っています。

「ここは「すみません。」と言う必要がない場所です。

そういう子どもたちが自由に遊べる場所です。

そうなってほしい。それが、このジムを作った理由です。」

(出典・画像:米fox59.com

 

思いをもった、特別支援教育の先生の夫婦が立ち上げられました。尊敬します。

親が立ち上げたこのような活動もあります。

スケートボードで発達障害の子を支援

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ