発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

読み聞かせをすることは発達障害の子にもやはりよいという研究

time 2018/06/15

この記事は約 3 分で読めます。

読み聞かせをすることは発達障害の子にもやはりよいという研究

親が一緒に本を読んであげることは、自閉症スペクトラム障害の未就学の子どもの言語能力の発達も助けます。
そのことが、豪グリフィス大学と豪自閉症共同研究センターの研究によってわかりました。
8週間にわたり、オーストラリアのブリスベンとゴールドコーストで、自宅で親が一緒に本を読むことは、発達障害の子どもたちの言語能力の発達も助けるものになるのか調査しました。
自閉症共同研究センターのプロジェクトリーダーでグリフィス大学の上級講師のマーリン・ウェスターベルド博士のチームにより行われたものです。
r2-2 読み聞かせをすることは発達障害の子にもやはりよいという研究
「自閉症スペクトラム障害でない子どもたちは、幼いうちから本を読むことを通じて言語能力が発達します。
自閉症スペクトラム障害の子どもたちも、親が手伝い一緒に読むことで、本からそうした効果が得られるかもしれません。
それを確認するための研究調査です。」
そうマーリン博士は言います。
この研究に参加した子どもたちは、毎日親と一緒に5分間、本を読みました。
「まず、親の子どもへの本の読み聞かせ方に大きな変化が現れました。
どんどん長い時間行うようになっていきました。
さらに、親たちは本に出てくる言葉を、わかりやすい言葉に変えて話し、本の中の世界に入って子どもと話すようになっていきました。
子どもたちは、より多くの会話をするようになりました、それまでよりもたくさんの種類の言葉も出てきました。
こうしたよい変化は、実験の8週間が過ぎても続き、実際に子どもの語彙は今でも多くなり続けています。」
r1-2 読み聞かせをすることは発達障害の子にもやはりよいという研究
実験に参加した親はこう言っています。
「私たちは、本の物語をただ読んでいるだけでなく、私たちがどう思っているか、何があるのかと、物語の中に一緒に入っていくようになりました。
文章の意味、キャラクター、その場面、起きた問題、キャラクターはどう思っているのか、次にどうするのか、そうしたことを話すのが習慣になっていきました。
一緒にする読書は楽しいようです。子どもも人とのやりとりをこうしてたくさん学べています。
一緒に成長ができることがうれしいです。」
今回の8週間の実験では、言語療法士がまず親たちに本の読み聞かせのトレーニングを行いました。
その後、親たちは子どもと一緒に本を読んでいるところを毎回、録画するようにしました。
言語療法士が4回の訪問を通じて、それを見て指導を行いました。
r3-2 読み聞かせをすることは発達障害の子にもやはりよいという研究
マーリン博士はこう言います。
「続けていくと、最初は一緒に本を読むのは4.5分だったのが、実験の終わりのころには7.5分に伸びていました。大幅に一緒に読む時間が増加していました。
参加した子どもたちは、より多くの話をするようになりました。
一緒に本を読んでいる時には、よりたくさんの種類の言葉も使っていました。
全ての親たちが、今回の実験の結果に満足をしています。
子どもと一緒に学ぶ方法が変わったと言っています。」
(出典:豪Griffith NEWS)(画像:Pixabay
うちの子が本に興味を持つようになったころ、おそらく絵が楽しいのだと思うのですが、一緒に読んで読み聞かせしようとすると、パタンと本をとじて逃げてしまいました。
今でも、気に入った絵本をよく手にしています。絵を見て楽しそうにしています。
テレビも言葉がないもののほうが見ている気がします。
逃げられて以来、邪魔になりそうなので、読み聞かせはしていませんね。。
親が会話のしかたを学ぶことで、発達障害の子の言葉の能力が向上

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「まるで闘いだ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。