発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子ときょうだいも一緒に学んで楽しめるスケボー教室

time 2018/06/21

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子ときょうだいも一緒に学んで楽しめるスケボー教室

発達障害の子どもたちが、支援されながら安全な環境でスケートボードを楽しめる催し、ASDスケートデイが行われました。
支援団体のSUPAが企業からの協賛を受け、年に4回、屋内スケート場のWest49で行っています。
West49を所有するスポーツ企業のYM社は、子どもたちがスケートボードを通じて自分自身を表現することを学べるように、安全で親しみやすい環境として、この650平方メートルの屋内施設を建設しました。
ASDスケートデイでは、子どもたちは療育の専門家やスケードボードのコーチとペアになり、その子に合わせたレッスンを受けることができます。
全ての子どもたちのニーズにあわせ、できるようにします。
s2-2 発達障害の子ときょうだいも一緒に学んで楽しめるスケボー教室
SUPAのディオーネ・コスタンツァは大成功だったと語ります。
「とてもうまくいきました。
約50人の発達障害の子が参加しました。
発達障害の子どもたちは、療育の先生とペアを組みました。
一緒に来たきょうだいは、スケードボードのコーチとペアを組みました。
45分間レッスンを行いました。
場所が足りずに、屋外にもスケードボードができる場所を儲けました。
レッスンを受けた後は、子どもたちはスケートボードを楽しみました。
プロのスケートボーダーも実演し、子どもたちは食事もできました。
親からしてみれば、発達障害の子だけでなく、きょうだいの子も楽しめるのがこの催しの特長です。」
s1-2 発達障害の子ときょうだいも一緒に学んで楽しめるスケボー教室
支援団体のSUPAは、4歳のときに自閉症スペクトラム障害と診断をされたサリーの父親であるデニス・ナピオが始めた草の根の活動が始まりです。
サーフィンをする父親のナピオは、発達障害のサリーを海に連れて行ったときに、魔法のような体験をしました。
サリーは海を楽しんだだけでなく、一緒にサーフィンをすることができたのです。
サリーが自由を手に入れたようでした。
ナピオはこの体験を、他の発達障害の子と親にもしてほしいと望みました。
そうしてSUPAは、企業の支援を受けて、今回のスケートボードだけでなく、サーフィンやスノーボードでの催しも行っています。
(出典・画像:米DELTA OPTIMIST
私はスケートボードはできそうにありませんが、子どもといっしょにサーフィンのマネごとでもできたらどんなに楽しいだろうと思います。
うちの子は水はとにかく大好きなので。
いつかしてみたいと思っています。
世界を回る自閉症などの発達障害の子たちへのサーフィンキャンプ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。