発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子を助けるアニメで表情表現するかわいらしいロボット

time 2018/06/27

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子を助けるアニメで表情表現するかわいらしいロボット

QTと名付けられた、親しみやすい小さなロボットは画面で感情を表現することができます。
「私は、コネチカット州の友だちを助けることができるようになるのを楽しみにしています。」
そうこの、発達障害の子ども向けのロボットがしゃべります。
r6 発達障害の子を助けるアニメで表情表現するかわいらしいロボット r8 発達障害の子を助けるアニメで表情表現するかわいらしいロボット r5-2 発達障害の子を助けるアニメで表情表現するかわいらしいロボット r4-3 発達障害の子を助けるアニメで表情表現するかわいらしいロボット
このロボットを開発するモビア・ロボティクス社のティム・ギフォードはこう話します。
ティムは、米コネチカット大学で働いていました。
「発達障害の子とロボットの研究を行っていました。
私は実験室ではなく、これを学校の教室で行いたいと考えたのです。」
r1-3 発達障害の子を助けるアニメで表情表現するかわいらしいロボット r9 発達障害の子を助けるアニメで表情表現するかわいらしいロボット
モビア社では、2つの公立学校でパイロットプログラムを実施しています。
このロボットQTは、歯磨きのしかた等を実演することができます。
子どもたちの生活習慣やコミュニケーションの練習に役立ちます。
「アイコンタクトの練習にも役立ちました。
人と目を合わせることは重要なことですが、このロボットを使った方法は素晴らしいものです。」
そう学校のダニエル・ダニエルソン先生は言います。
r0 発達障害の子を助けるアニメで表情表現するかわいらしいロボット r3-3 発達障害の子を助けるアニメで表情表現するかわいらしいロボット
この地域の特別支援教育の担当者、マイケル・ディーターはロボットを使ったこの取り組みに最初は懐疑的でした。しかし今はその効果を認めています。
「私たちは、すぐにロボットによって生徒たちが自分自身を表現することができるようになり、それはこれまでとは違った効果的な方法になることを認識しました。生徒たちが見せた熱意と感情は否定することができません。」
パイロットプログラムを実施した学校では、来年から正式に利用したいと協議が進んでいます。
(出典・画像:米wtnh
これは何とも、表情がとてもかわいらしいロボットです。
人とのコミュニケーションに困難をかかえる発達障害の子どもの教育には、あまりに人間の顔に似せてしまうことはマイナスであるために、なかなか不気味なお顔をしたロボットもいますが、このロボットのようにアニメ顔にすればみんなに受け入れられそうです。
発達障害の子どもに役立つロボット、どんどん出ていただきたいですね。
米国では学校での利用がどんどん進んでいます。日本でもそうなることを期待するばかりです。
発達障害の子を助けるロボット、NAOに実際に触れてきました。

(チャーリー)

AIアプリ「話すカメラのゲーム」ことば学び遊びができます。

appstore_download200 発達障害の子を助けるアニメで表情表現するかわいらしいロボット

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。