発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子の命を守るために。多くの家族が待ち求む水泳教室

time 2023/05/22

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の子の命を守るために。多くの家族が待ち求む水泳教室

泳ぎを覚えることは、子どもたちにとって命を守るスキルになります。
自閉症の子どもたちにとってはとくにそうなります。

「自閉症による死因の第1位は溺死です」

そう、支援団体のノースイースト・アークのティム・ブラウンは言います。
ティムは、障害を持つ人たちが生活、学習、仕事、社交、レクリエーションにおいて自立できるよう支援しています。

最近も、言葉を話せない4歳の自閉症の子が行方不明になった後、水辺で亡くなっているのが発見されました。
YMCAのジェリー・ジャスティスはこう言います。

「自閉症の子どもたちは、とくに迷子になったときに、水を求めます」

blank blank

ジャスティスは、グレータービバリーYMCAで、障害や自閉症の子どもたちを対象とした水泳レッスンプログラム「ウォーターワイズ」で指導しています。

「私たちは、子どもたちが水辺を見たときに、そこに入ってはいけないということを、まず憶えてもらいたいのです。
大人を見つけ、安全に入れるかどうかを確認してもらってからでないと、入ってはいけないのです」

このプログラムは、ノースイースト・アークの資金により運営されています。

「ウォーター・ワイズの目標は、何年もかけて集めた情報を、全国のプールで共有することです」

ブラウンはそう言います。

blank blank
この取り組みが広がれば、悲劇を防げると考えています。

「子どもが水辺に迷い込んで不幸な結果にならないよう、親は必要な助けを得られる機会をもたなければなりません」

現在、このプログラムへの参加待ちが80家族にもなっています。
ジャスティスは、ボランティアや教育や変化をもたらしたい人たちに支援を呼びかけています。

(出典・画像:米wcvb

うちの子も小さな頃から水は本当に大好きでした。

命を守るために。

こうした取り組みは本当に重要です。

いなくなった自閉症の少女は池の中で首まで沈んでいた。無事救出

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。