発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

知的障害の人について知ってもらう石とSNSのイベントアイデア

time 2018/10/05

この記事は約 2 分で読めます。

知的障害の人について知ってもらう石とSNSのイベントアイデア

小学校2年生のヘイリーは、いつも石を探しています。
スーパーの近く、アイスホッケーのリンク、洋服店などでもこの石を見つけてきました。
r13 知的障害の人について知ってもらう石とSNSのイベントアイデア r17 知的障害の人について知ってもらう石とSNSのイベントアイデア r16 知的障害の人について知ってもらう石とSNSのイベントアイデア
Facebookのページには、石の写真を投稿したら、またどこかに石を隠してくださいと書いてあります。
この石の写真の投稿は、ブリティッシュ・コロンビアなどカナダの中にとどまらず、イギリスからも投稿がされています。
r12 知的障害の人について知ってもらう石とSNSのイベントアイデア r10 知的障害の人について知ってもらう石とSNSのイベントアイデア r18 知的障害の人について知ってもらう石とSNSのイベントアイデア
この石はすべて知的障害などがある人たちが絵を描いて、隠したものです。
脳性まひのブレンダンも石に絵を描いています。青い鳥が大好きです。
r11 知的障害の人について知ってもらう石とSNSのイベントアイデア
r14 知的障害の人について知ってもらう石とSNSのイベントアイデア
支援を行っている団体、プラス・インダストリーズのラス・フロイドはこう言います。
「彼は体を動かすことが簡単ではありません。なので、手を添えて描きます。
筆を持ってもらって、描きたいものを伝えるんです。
描くと、本当に一緒になって楽しいんですよ。」 r1 知的障害の人について知ってもらう石とSNSのイベントアイデア
r4 知的障害の人について知ってもらう石とSNSのイベントアイデア フロイドがこの、描いた石を隠すイベントを考えました。
知的障害のある人たちのことを多くの人に知ってもらい、そしてつながるのに素晴らしい方法になったといいます。
これまでの1年半の間に、800個以上の描いた石を隠しています。
r3 知的障害の人について知ってもらう石とSNSのイベントアイデア
(出典・画像:カナダCTV
見つけて、障害をかかえる方が作った作品にふれて、知って、感じて、写真にとってSNSに投稿、そしてまた隠す、
それが繰り返されていくんですね。
タイトルだけで、問題をかかえている方が不在に思うようなイベントがたくさんあるなか、これは問題をかかえている方が主役になって、多くの人に知って頂くのに素晴らしい、面白い方法だと思います。お金もかからないと思いますし。
ある程度場所を限定すれば、日本でも怒られることなくできますかね。
Facebookの利用が発達障害の成人の幸福を増加させるという研究

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。