発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子にバスを安全に待っていられるようにと贈られたバス

time 2018/11/17

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子にバスを安全に待っていられるようにと贈られたバス

アレキサンダー・カーターは発達障害です。
学校へのバスをいつもベンチに座って、不安になりながら待っていました。
そして毛布をもっていても、そこはとても寒くなる場所です。
ある日、座っていたそのベンチがなくなってしまいました。
代わりに、ベンチのあった場所に2つの座席とハンドルがついた木の板でできた小さなバスが停まっていました
近くに住むパット・ドーガンが、小さなカーターのために作ったのです。
パットは昨年、凍った湖の上でつりをするための小さな小屋を見つけそれを手に入れていました。
釣りをするためにあった穴をふさいで、車のシートをつけました。ハンドルもつけました。
そして、居心地がよいように内装も整えました。
そうしてできたのが、この小さなバスです。
b4-2 発達障害の子にバスを安全に待っていられるようにと贈られたバス
「私たちは、仲間のようなもの。友だちなんです。」
そうパットが小さなカーターのことをいいます。
パットは現在58歳。先生の仕事をしていました。
パットと妻のミカエラは、高齢となった両親を助けるためにこの地域に移り住み、この地域にあるセンターで子どもたちに教える仕事を今はしています。
妻のミカエラはこう言います。
「夫のパットは、高齢の方と子どもたちに本当に優しいんです。」
b3-2 発達障害の子にバスを安全に待っていられるようにと贈られたバス
パットはつり用の小さな小屋を持って帰ってくると、板をあてがい黄色く塗り始め、黒いタイヤとヘッドライトを描きました。スクールバスが来ることがカーターにわかるように大きな窓も作りました。
それを見たときのことを、高齢のパットの父はこう言います。
「息子のパットは必要なことを知り、それをしたんですね。
最初は何をしているのかもわかりませんでした。
わかったときにはおどろきました。」
一週間ほど、この小さなバス作りが続きました。
できあがると、あのベンチに代えて置いたのです。
カーターは長い間話すことができませんでした。
しかし、今はパットと話をしています。
「息子のカーターが変わったんです。パットとは話すんです。」
b1-2 発達障害の子にバスを安全に待っていられるようにと贈られたバス
パットは自分の座席に名前を書いています。
となりの座席にはきょうだいの名前を。
カーターの小さなバス。
もう、寒いところで不安になってバスを待つことはありません。
(出典・画像:米LINCOLN JOURNAL STAR
こんな優しい人がいて、こんな優しい出来事があると、遠くのことでもうれしくなります。
この子も、そしていろいろ不安が多い親も、本当に本当にうれしく、心強く思ったはずです。
こんなに優しい人、こんなことが実際にあって、伝えられることをうれしく思います。
知的障害のおじいさんが素晴らしい家族と一緒に住めるようになる

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。