発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の男性が今はリモート勤務の仕事で夢に思っていた生活

time 2018/12/19

この記事は約 4 分で読めます。

発達障害の男性が今はリモート勤務の仕事で夢に思っていた生活

ピーター・ソウザは今、夢のように思っていた生活をしています。
一生の仕事につくことができたと思っています。
もう、いくつものパートタイムの仕事をかけもちする必要もなくなりました。
今はフルタイムの仕事につき、一つの仕事で家賃をはらってアパートに住んでいます。
ピーターは発達障害、自閉症スペクトラム障害です。
情報技術分野の仕事に優れる成人を支援する6ヶ月間のトレーニングプログラムで、ピーターは劇的に変わりました。
a4-1 発達障害の男性が今はリモート勤務の仕事で夢に思っていた生活
34歳のピーターは、2ヶ月前から「オーティコン」という会社で働き始めました。
ピーターはこれまでに、肉屋、ミュージシャン、鉄工所、食料雑貨店、そしてフリーランサーとしてWebページの製作、スポーツジムのフロントなどさまざまな仕事を短期間行ってきました。
倉庫をシェアハウスにしたり、友人から部屋を借りたり、車に2年ほど住んでいたこともあります。
「今は一週間に40時間、十分に働けるんです。」
そうピーターは言います。
ドイツに本社があり、米カリフォルニア州のサンタモニカなどにも事業所があるオーティコン社は自閉症スペクトラム障害の成人をトレーニングし、雇用しています。
プログラミング、ソフトウェアの品質保証、自動化エンジニアリングなど、コンピュータソフトにかかわる業務を行っています。
オーティコン社は世界中で200名ほど雇用しています。
有名なエンタテイメント企業、金融機関、ベンチャー企業、メーカーなどに関わり仕事を行っています。
サンタモニカ事業所では、現在までに約40人の若者たちがリモートで研修を受けています。
来年のはじめには、また新しい事業所が開設されます。
オーティコン社は先日、ソーシャルベンチャーのマインドスパーク社の買収も行っています。
マインドスパーク社で働いていたレベッカ・ビームはこう言います。
「発達障害の人たちは驚くほどの能力があります。
とても才能があり、仕事ができないなんてことはありません。
ちょっとした理解と思いやり、そして休息があればよいのです。」
a3-1 発達障害の男性が今はリモート勤務の仕事で夢に思っていた生活
自閉症スペクトラム障害の人たちの特性を考えれば、こうした高度な技術の分野で活躍できることはわかるはずです。
レーザー光線のように物事に集中し、同じことを何度も繰り返すことも苦とせず、細部にも注意ができ、パターンを見つける能力を持っているのです。
発達障害の人たちの就業機会が近年、広がってきました。
マイクロソフト社では、2015年から発達障害の人を雇用するプログラムを実施しています。
JPモルガン・チェース銀行や、フォード・モータースなど著名な企業とも提携して、実施されています。
現在、米国では59人の子どものうち一人が発達障害と診断をされています。
今後5年の間に、発達障害の成人は38万人に達すると米国保健省では予測しています。
しかし、発達障害の人についての雇用状況は現在厳しいものです。
発達障害の成人の多くは、就業することができておらず、多くは両親と一緒に暮らしています。
オーティコン社は、それを変えることを目指しています。
無料の4週間のプログラム、奨学金を受け取ってのインターンシップ、スタッフによる健康の管理などオートコン社は自閉症スペクトラム障害の成人のニーズに合わせてサポートを行います。
オフィスの環境も配慮されたものとなっており、照明は柔らかく暗くなっています。
ヘッドフォンを1日中着けて、作業することも問題ありません。
また、同僚と交流する必要もありません。
トレーナーからのフィードバックも、直そうとする指摘ではなく、一緒にゴールを目指そうとするものです。
a2-1 発達障害の男性が今はリモート勤務の仕事で夢に思っていた生活
現在、サンタモニカの事業所で働く自閉症スペクトラム障害の人たちは、すべてリモート勤務をしています。
ピーターは、会社から支給されたMacBook Proと自分で買ったマウス、そして水のペットボトルを置いてプログラミングの仕事をしています。可能であれば、1日8時間以上働きたいと言います。
「私にとって、これは簡単な仕事なんです。なので、もっと長い時間できたらいいです。」
そして、ピーターはもっと収入が高いオートメーションエンジニアになることも考えています。
「うまく私は進んでいると思っていますよ。」
(出典・画像:米Daily News
「同僚とも付き合わなくてよい」、全員がリモート勤務。
コミュニケーションが苦手な方も本当に活躍できるように、とても合理的、働きやすくなるサポートだと思います。
ともだち、ひゃくにんつくろうよ♪、チームワーク、絆とか、そんな「良い」考えや空気に逃げずに、それぞれの人にあわせて、こうした合理的で本当にその人が助かるサポートが日本でも多くなればと願います。
発達障害の人には他の人と同じことを求めず強みを発揮してもらう

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。