発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の青年が自分のために始めたメイクと料理のページが人気

time 2019/01/14

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の青年が自分のために始めたメイクと料理のページが人気

発達障害の青年が自分の暴力的な衝動をコントロールしようとWebサイトをはじめました。

料理やメイクのしかたを紹介するそのWebが現在ではカルト的な人気になっています。

20歳のマーカス・ミッチェルは、16歳のころには何度も独房のなかで晩を過ごしたこともあります。

アスペルガー症候群と強迫神経症(OCD)のために、つらい10代の頃を過ごしたマーカスはネットを始めました。

発達障害の青年が自分のために始めたメイクと料理のページが人気 m7

現在ではマーカスのFacebookページには約10000人のフォロワーがいて、たくさんの好意的なコメントが書かれています。

マーカスは、

「違うことを示して、自分のような発達障害の人たちが素晴らしく、そしてユニークな存在であることを伝えたい」

そう考えています。

発達障害の青年が自分のために始めたメイクと料理のページが人気 m2 発達障害の青年が自分のために始めたメイクと料理のページが人気 m3 発達障害の青年が自分のために始めたメイクと料理のページが人気 m4

「僕の母が手伝ってくれました。
僕はメイクが大好きなんです。なので、Facebookページでその方法を伝えることにしたんです。

始めてすぐに1つの投稿が、ものすごく人気になりました。
信じられないことでした。

それから、どんどん人気になって、
僕は自分の人生、家族、そして発達障害について書くようにもなりました。」

発達障害の青年が自分のために始めたメイクと料理のページが人気 m5 発達障害の青年が自分のために始めたメイクと料理のページが人気 m6

そして、マーカスはメイクだけでなく料理作りも大好きです。
さらにたくさんの人に見てもらいたいと、料理の作り方も投稿するようになりました。

「マーカスと一緒のキッチン」というシリーズを始めました。
ライブ動画を行うと、視聴回数は3万にもなります。

「これは、自分の発達障害への治療方法のようなものです。

たくさんの人から好意的なコメントをもらって、とても人気になりました。

変な人ともいわれることはありますが、気にしません。」

発達障害の青年が自分のために始めたメイクと料理のページが人気 m8

マーカスのこれからの目標は、さらに人気を集めて商品の販売も行うことです。
マーカスはこう言います。

「僕は発達障害です。治ることはありませんが、こうして活動することで困難を乗り越えて、自分をコントロールできるようになりました。」

(出典・画像:英Cornwall Live

簡単に発信ができるようになりました。柔軟に考えられる人も増えてきていると思います。

好きなことを見つけたら、ますます大好きになって、こうして発信すれば、人生を助けてくれるものになると思います。

お母さんもそう思われて、応援したのでしょう。

そして、メイクでこんなに変わるものなんだとあらためて思った次第です。

ジェットコースターが発達障害の子と親の世界を変えてくれた

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!