発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子のバス通学を助けてくれる二人は家族にとっても恩人

time 2019/02/22

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子のバス通学を助けてくれる二人は家族にとっても恩人

マイルズはお母さん、お父さん、そして弟のニコといつも一緒にいます。
マイルズは発達障害です。
お母さんのシャノン、そして父親のリッチはずっとマイルズを介助してきました。
マイルズをスクールバスに乗せて通わせるという判断をすることは簡単なことではありませんでした。
「うまくいくとは思えなかったんです。」
そうシャノンは言います。
b9 発達障害の子のバス通学を助けてくれる二人は家族にとっても恩人
マイルズはこれまでと違う新しいことをすることを嫌います。
おもちゃで、スクールバスに乗る練習もしてきました。
乗せる決断ができたのは、ロバート・ウォレイのおかげです。
ロバートと補佐をするジンタ・スペンサーが家族を助け、安心させてくれました。
「ウォレイさんが私に電話をくれました。
20分間ほど話をして、マイルズを介助するつもりなので安心してほしいという内容でした。」
ウォレイとスペンサーは、家族の本当に恩人となりました。
b8 発達障害の子のバス通学を助けてくれる二人は家族にとっても恩人 b7 発達障害の子のバス通学を助けてくれる二人は家族にとっても恩人 b11 発達障害の子のバス通学を助けてくれる二人は家族にとっても恩人
マイルズは今ではスクールバスで登下校することができています。
母親のシャノンはこういいます。
「息子のマイルズは毎朝、バスはどこにあるのと質問をしてきます。
見つけると走っていきます。とても幸せそうです。」
音楽を聞いたり、ゲームをしたり、ちょっとお菓子を食べたりして、マイルズはバスに乗っている間、楽しく過ごしています。言葉も多く出てくるようになりました。
バスでの楽しい時間のおかげで、学校での勉強にもよく取り組めるようになりました。
マイルズの家族は、バスのウォレイとスペンサーに本当に感謝をしています。
b3-2 発達障害の子のバス通学を助けてくれる二人は家族にとっても恩人 b4-2 発達障害の子のバス通学を助けてくれる二人は家族にとっても恩人
「毎日、マイルズの家族たちと話すことは私達にとっても素晴らしい時間です。
本当にやりがいがあります。」
ウォレイもそう言って喜んでいます。
スペンサーは涙を流しながらこう言いました。
「私たちがしていることを家族や多くのみなさんに理解してもらえていることに本当に感謝をしています。」
マイルズの家族はこれからも困難に直面することがあります。
しかし、二人がマイルズと一緒にいることが心の支えにもなっています。
(出典・画像:米nbc12
うちの子もずっとスクールバスにお世話になってきました。
運転手さん、添乗員さん、毎朝快く迎えてくださいます。
うちの子だけでなく、私もいつもあたたかな気分になって、私も助けられているようにいつも思います。
本当にありがとうございます。
発達障害の子にバスを安全に待っていられるようにと贈られたバス

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。