発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の少年は絵を描いて母親にそしてみんなに自分を伝える

time 2019/04/13

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の少年は絵を描いて母親にそしてみんなに自分を伝える

発達障害の少年は芸術を通して、自分を伝えます。
11歳のマシュー・ロペスは素晴らしい才能を持っています。

「息子は小さな天才です。」

マシューの母親のジェシカがそう言います。

マシューの家のいたるところに絵が飾られています。

「息子が描いた絵を気に入ったときには、息子のタブレットに写真を撮って収めます。」

発達障害の少年は絵を描いて母親にそしてみんなに自分を伝える a5 発達障害の少年は絵を描いて母親にそしてみんなに自分を伝える a9

マシューは18ヶ月を過ぎても、歩いたり話したりすることはありませんでした。
眠ることも困難でした。
そして、ささいなことに夢中になりました。

「たいへんでした。
2歳、3歳のときには、壁やケーブル、そして便まで食べました。
頭をいつもどこかにぶつけました」

マシューは重度の自閉症と診断をされました。

しかし、母親やマシューが成功するように助けようと決心していました。

パズル、クレヨン、そして絵の具を買いました。
マシューは絵の具が大のお気に入りになりました。

発達障害の少年は絵を描いて母親にそしてみんなに自分を伝える a2-1 発達障害の少年は絵を描いて母親にそしてみんなに自分を伝える a7 発達障害の少年は絵を描いて母親にそしてみんなに自分を伝える a8 発達障害の少年は絵を描いて母親にそしてみんなに自分を伝える a4-1

「私は驚きました。マシューが英語やスペイン語を書きました。
そして、欲しいものを絵に描いて伝え始めたんです。」

マシューが自分の芸術作品を通じて、自分自身を表現しているのに疑いはありません。

母親と共有するための愛と才能です。
今や母親だけでなくみんなをマシューの世界へ招待するものです。

発達障害の少年は絵を描いて母親にそしてみんなに自分を伝える a10

発達障害の少年は絵を描いて母親にそしてみんなに自分を伝える a1-1

「発達障害について、みんな理解しなければなりません。
発達障害とは、彼らが生きている世界の状態です。
私たちは彼らを尊重し、彼らがそうしてくれるように、私たちも愛する必要があります。」

そう母親のジェシカは言います。

(出典・画像:米CBS Miami

うちの子は絵を描いたりすることも難しいですが、見るのは大好きです。

小さな頃から特に見るのが大好きなのは、スーパーのチラシ。

色とりどりのたくさんの物が写っているものが大好きです。

ふとんにまで持っていて眠るまで見ていることもあります。

うちの子の目には、にぎやかで楽しくて、とても綺麗に映っているんだと思います。

発達障害の私の息子は生きるためだけに生まれたのではなかった

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!