発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の自閉症の子どものために特別に訓練をされた介助犬

time 2019/04/17

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

発達障害の自閉症の子どものために特別に訓練をされた介助犬
  • 自閉症や発達障害を持つ子どもには、どのような支援が必要なのか?
  • 介助犬が自閉症の子どもにとってどのような役割を果たすのか?
  • 自閉症の子ども向けの介助犬はどのような特性や訓練を経ているのか?

米国疾病管理予防センターの2018年の発表によれば、米国では59人に一人の子が自閉症と診断をされています。
発達障害である自閉症の子どもを助けてくれるのは4本の足をもつ存在かもしれません。
「来るのを待ち続けていました。今、インディは息子にとって大きなものを与えてくれています。」
自閉症の12歳の息子、マックスをもつ母親のジェイミー・リッチャ―はそう言います。
d8 d1 d10
「ポーズ・ウィズ・ア・コーズ」からやってきた介助犬のインディーはもう5年、マックスのそばにいます。
それまでは無理だと諦めていた経験をしてきました。
「最近の休みには、州の外に旅行に出かけました。
まったく住んでいるところとは違う場所でした。
しかし、インディのおかげでマックスはおおきなトラブルを起こすこともなく家族みんな楽しく過ごせて、あたらしい経験ができました。」
インディは「ポーズ・ウィズ・ア・コーズ」で、自閉症の子どものために特別に訓練をされた介助犬です。
マックスの母親であるジェイミーは、ポーズ・ウィズ・ア・コーズがそれぞれの自閉症の子どもにあった介助犬を提供しようとこだわることに驚いたといいます。
「まるで、最初からこの子どもにはあの犬と決まっていたかのようにぴったりの犬を見つけて提供してくれました。どうしてそんなにぴったりな犬を見つけられるのか私にはわかりません。」
d11 d7
ポーズ・ウィズ・ア・コーズのポストは何十匹もの中から、自閉症の子どもの介助犬にふさわしい犬を選んできました。
「子どもが乱暴にドアを叩いたり、叫んだりしても、驚かない犬が求められます。」
ポストはこれまでに13匹の自閉症の子ども向けの介助犬を提供してきました。
「この犬は私のそばにいることが大好きです。
これは、自閉症の子ども向けの介助犬としては、良くも悪くもありません。
だきしめたときが問題です。
だきしめられても大丈夫か。しっぽを引っ張っても大丈夫か。
この犬はしっぽを引っ張ったときに、逃げましたが、噛んだりはしません。
とてもいい子なので、すぐに戻ってきました。
この子は、自閉症の子ども向けの介助犬としての素質があります。」
そうポストは言います。
d5 d6 d3 d2
ラエと名付けられたこの子犬はまだ生後9ヶ月です。
2歳になるまで訓練が行われます。
そして合格すれば、マックスのところにやってきたインディのように、必要とする子どもを助けるようになります。
(出典・画像:米WZZM13
こんなワンちゃんがうちの子のそばにいてくれたら、うちの子もニコニコするんだろうなと。
ずっと憧れています。
発達障害の子たちが落ち着き自由になれる小さな動物がいる農場

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。