発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の青年音楽家が自分の限界は突破できると教えてくれる

time 2019/04/20

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の青年音楽家が自分の限界は突破できると教えてくれる

オーストラリアの音楽家、ジャック・ステイシーは発達障害に対しての考えを変えさせてくれるだけでなく、自分の限界を突破できることを教えてくれます。
4歳のときにジャックは発達障害と診断をされました。
まわりの人や世界と自分の関係に生涯に渡って影響を与えるものです。
診断をされたときに医師からは、簡単な文章を読んだり、自分の名前を書くくらいはできるようになるかもしれませんと言われました。
21歳になった現在のジャックは、才能あるピアニスト、作曲家として認められる存在になっています。
p2-1 発達障害の青年音楽家が自分の限界は突破できると教えてくれる
ジャックは2歳のころから、音楽で自分の感情を表現し、コミュニケーションをとってきました。
「音楽は、私が話すことができない頃から、人とコミュニケーションをとる方法でした。」
そうジャックは言います。
「音楽は自分を伝える、感情を表す手段でした。
集中力も高まり、考えをまとめることも助けてくれました。
私は最近、音楽がより哲学的な考えを発見することを助けてくれて、私とまわりの世界との関係を理解することも助けてくれています。
何より、音楽はとても心地よいです。」
ジャックは、ここオーストラリアのバララット交響楽団のために作曲して以来、バララットやメルボルンでコンサートを行っています。

ジャックはこれまで自分の限界に直面し、そしてそれを克服してきて、これからも挑み続けると言います。
「挑戦を続けてきました。最初は自分の名前を書けるように、文章を読めるようになりたいと思いました。
自分を守るために、できるようになりたい。全力を出そうと思いました。
できないことで自分を知ってもらうのではなく、できることで知ってもらいたいと願いました。
私は発達障害の人たちのための役割を持っています。
自分自身と同じような発達障害の人たちは何でもできることを知ってもらうためのモデルになれると思います。」
ジャックの最初のピアノの先生、ダニエル・ウェストは、発達障害が社会に知られ、受け入れられるようになるにつれて、ジャックも自分も感じる困難は少なくなってきたと語っています。
(出典・画像:豪The Courier
障害があるからできない。
うちの子もいろいろできません。お話することもできなければ、自分の意思表示さえもままなりません。
けれど「だからできない」と、そう簡単にいろいろあきらめてしまっては、悲しむことが多くなるように思います。
「いつかできるかもしれない」そう少しでも期待したほうが、今もこれからも楽しくなるように思います。
発達障害の子とモデル活動に取り組む母が言う。チャレンジしよう

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。