発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人たちは触れた感覚に対する感情の反応が異なっている

time 2019/06/29

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症の人たちは触れた感覚に対する感情の反応が異なっている

多くの人にとって、愛する人から優しくなでられたり、芝生を素足で歩くことのような単純な感覚は楽しい気分にさせてくれます。
しかし発達障害の自閉症の人にとっては、皮膚に軽い圧力がかかるというそうした感覚は好ましいものではないかもしれません。
「医師や研究者は自閉症の人の感覚の違いにこれまで注目してきました。
しかし、研究の多くは社会的なコミュニケーションでで大きな役割を果たす、視覚や聴覚を対象にしたものばかりです。」
そう、米ヴァンダービルド大学医療センターの精神医学及び行動科学の准教授であるカリッサ・カシオ博士は言います。
カシオ博士の研究室では、自閉症の人たちの「触覚」について研究を行ってきました。
自閉症では人それぞれに症状は異なりますが、皮膚に対する軽い圧力や強い圧力に対して、強い感情的な反応を示すことが一般的です。
b2-2 自閉症の人たちは触れた感覚に対する感情の反応が異なっている
「私たちは、連携して機能する2つの触覚を実は持っています。
信号をすばやく伝達する受容体によって伝えられる触覚は、私たちが手で持ったりすることを助けるために使われます。これによって物の重さもわかります。
対照的に、ゆっくり痛みや体温に関して伝える触覚があります。
そして最新の研究結果ではこの触覚は、やさしく肘にふれるなど感情的に意味のある接触も伝えている可能性があります。
自閉症である人、自閉症でない人について、これらの触覚の脳の反応を比較すると、重さがわかるすばやい触覚については違いが見られませんでした。
一方で、体温などを伝えるゆっくりな触覚での反応は大きく異なっていました。
私たちの仮設では、感情と感覚の関わり方が異なっている可能性があると考えます。
自閉症の人はどういうわけか、自閉症でない人とは、触った感じの好き、嫌いが異なっているのです。」
b3-2 自閉症の人たちは触れた感覚に対する感情の反応が異なっている
カシオ博士の研究室で行った実験です。
自閉症の人、自閉症でない人のふくらはぎに15秒間、不快に感じるほど熱くしたパッドを当てました。
脳の活動画像から、パッドを外してから自閉症でない人は30秒間、不快に対する反応が見られましたが、自閉症の人はわずか10秒間だけでした。
「自閉症の人の感覚と感情を結びつける方法が、自閉症でない人と違うのであれば、それを早く発見することで早期療育が行いやすくなると考えています。」
触覚は、視覚などの感覚よりもずっと前、子宮内で完全に発達します。
カシオ博士らは、幼い頃の触覚の変化が他の発達に影響を及ぼす可能性について研究を進めています。
幼児の頃に他人から得られる情報の多くは、抱きしめられたり、揺り動かされたり、授乳されたりなど触覚を通じて伝えられます。
そのため、自閉症の人の触覚と感情との関係の違いが他の発達に影響を及ぼし、社会的な困難をかかえてしまうなどの結果につながってしまう可能性が考えられます。
b4-1 自閉症の人たちは触れた感覚に対する感情の反応が異なっている
また、カシオ博士の研究室では、消化器官からの信号や心拍数の変化など、自閉症の人の体の内部からの感覚の認識、そしてそれがどう感情に影響を与えているのかについても研究を行う予定です。
これまでの研究結果では、体の内部についての感覚は自閉症の人ももっており、それに対する感情が自閉症でない人と違うかどうかがまだわかっていません。
「自閉症の人の感覚と感情の関係について、そのレベルまで理解できなければ、自閉症の人を効果的に助けることはできないと考えています。
何が違うのか、なぜ違うのか、そしてその違いをどうすればなくすことができるのか、そこまでわかることができれば、役に立てるはずです。」
(出典:米Medical Xpress)(画像:Pixabay
うちの子は嫌がることもありますが、小さなころからずっと、私と手をつないでくれます。
間違いなく私から言えることは、
手をつないでいると私はとてもうれしいです。
自閉症に限らず発達障害などの子の多くは胃腸に問題をかかえる

(チャーリー)

やわらかな感触、かけてずっしり、落ち着ける。「重いひざかけ」
turtlewiz_hizakake_s 自閉症の人たちは触れた感覚に対する感情の反応が異なっている
重いひざかけをご利用頂いている放課後等デイサービス事業者様からコメントを頂きました。

ある小学校6年生の子がとくに気に入っています。
パニックになりそうなときでも、重いひざかけをひざに乗せたり触ったりして落ち着くようになりました。
車で移動するときにも、渡すと落ち着いていられるようになり、私たちも助かっています。

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。