発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

練習場のドアも開けられなかった発達障害の娘が大きく成長した

time 2019/09/29

この記事は約 2 分で読めます。

練習場のドアも開けられなかった発達障害の娘が大きく成長した

9歳の少女は発達障害に負けずにバレーボールチームの一員になりました。

クレイ・ブラウンは、ここ米アラバマ州オークマン市のバレーボールチームで初めての発達障害をかかえる選手です。

他の選手に負けていません。
グレイはもう2年間バレーボールをしています。

練習場のドアも開けられなかった発達障害の娘が大きく成長した v5 練習場のドアも開けられなかった発達障害の娘が大きく成長した v2

グレイは2歳のときに自閉症スペクトラム障害と診断をされました。
母親のスローンはグレイは今のようになるまで、かんたんなことではなかったといいます。

「初めて練習に参加したときはパニックを起こしてしまいました。

練習場は本当にとても、発達障害の子には怖い場所だと思います。

たくさんの人がいて騒がしくて、とてもつらく感じた時間がありました。」

母親のスローンは娘のグレイの社会的なスキルの向上を懸命に手伝ってきました。

「グレイは移動するときにも問題をかかえています。

ずっと長い間、ドアを開けることができませんでした。

風景が一変すること、大きな音、たくさんの人たち、娘にはとても難しいことでした。」

練習場のドアも開けられなかった発達障害の娘が大きく成長した v1

しかし、グレイは家族とバレーボールチームの支援で大きく成長してきました。

グレイはネットでこうメッセージを伝えています。

「幸せになろう、強くなろう、勇敢になろう。」

練習場のドアも開けられなかった発達障害の娘が大きく成長した v3

母親のスローンはグレイを本当に誇りに思っています。

「親として本当に誇りに思っています。

みんなが子どもたちみんなを誇りに思えるはずです。

できないと思われていたことを、子どもたちはやりとげることができます。

決してできないと思っていたのに、それが今できているんですから。

発達障害の私の娘も他の子どもと変わらない可能性をもっていたんです。」

(出典・画像:米WJTV

親としては楽しく取り組めている子どもの姿が見れたら、それだけでうれしいものです。

まして、たくさんの仲間達と一緒に姿をみたらなおさらのことです。

発達障害の青年はチアリーディングで最高の応援をし人生を変えた

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!