発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害や知的障害の子たちが自信を持てるように。搭乗体験

time 2019/10/10

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害や知的障害の子たちが自信を持てるように。搭乗体験

発達障害や知的障害をかかえる子どもたちに、旅行をすることに自信が持てるようになれる機会が設けられました。
「私たちが当たり前のように感じている毎日のことが、こうした子どもたちには難しいことがあります。」
自閉症スペクトラム障害の息子、ジェットをもつブルック・ジョンソンはそういいます。
ブルックは「ウィングス・フォー・オーティズム」の模擬フライト搭乗に応募しました。
ボーディングブリッジを歩いたり、シートベルトのバックルをしめたり、飛行機のエンジンの音や振動を体験したり、滑走路の上を走ったりなどを体験することができました。
f6 発達障害や知的障害の子たちが自信を持てるように。搭乗体験 f4-1 発達障害や知的障害の子たちが自信を持てるように。搭乗体験 f2-1 発達障害や知的障害の子たちが自信を持てるように。搭乗体験 f9 発達障害や知的障害の子たちが自信を持てるように。搭乗体験
「息子は楽しい時間を過ごしました。本当に楽しみました。
息子は興奮すると、椅子の背もたれを蹴り始めます。
それを防ぐための方法もいくつかわかりました。」
ジェットが飛行機の窓に映る外の景色に夢中になっている間、前の席に座るコール・スミスはシートベルトの構造や安全のためのパンフレットに夢中になっていました。
飛行機のエンジンがスタートすると、コールは少し怖がっていました。
「飛行機がこのまま飛び立つ、そう感じても実際にはそうはなりません。
しかし、飛び立たなくてよかったんです。安心できます。
これは、飛行機に乗って旅をする練習の機会なんです。」
そうコールは言います。
そして、今回はこれまでにない特別な飛行機搭乗体験の機会となりました。
それは、乗る予定であった少年が数週間前に亡くなっていたからです。
f12 発達障害や知的障害の子たちが自信を持てるように。搭乗体験 f7 発達障害や知的障害の子たちが自信を持てるように。搭乗体験
母親のトニー・バルはそれでも参加することにしました。
亡くなった息子を思い、小さなクマのぬいぐるみと一緒に乗りました。
「息子が乗っていたら本当に喜んでいたと思います。飛行機が大好きでした。
息子のエムシンは何でも体験することが好きでした。」
機長はエムシンのことを思い、小さなクマと一緒に操縦席に座りました。
f10 発達障害や知的障害の子たちが自信を持てるように。搭乗体験
(出典・画像:米abc30
日本でもこうした取り組みは始まっていますね。
いつかうちの子とも体験してみたいと思います。
天国の彼もきっと楽しんでいたはずです。
クレーンの会社のみんなが愛した、クレーン大好きな発達障害の青年

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。