発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

乗れなかった自閉症の子と家族がきっかけ。飛行機に乗る練習機会

time 2022/11/14

この記事は約 3 分で読めます。

乗れなかった自閉症の子と家族がきっかけ。飛行機に乗る練習機会

自閉症スペクトラムの子どもたちにとって、飛行機での移動は困難な体験です。
しかし、米ローガン空港のユニークなプログラムが、それを容易にしようとしています。

その名も「ウィングス・フォー・オートイズム」。

このプログラムは、地元のある家族がきっかけで始まりました。
10年前、スージー・リトルジョンは、当時5歳だった息子のヘンリーが、空港を通過して飛行機に乗ることを嫌がったと言います。
ディズニーランドに行く予定だったのですが、実現できませんでした。

「私たちが空港を移動している間、ヘンリーはますますストレスを感じるようになり、すべての音、起こっていること、喧騒に圧倒されていました」

blank blank

ヘンリーは自閉症スペクトラムをかかえています。
飛行機で移動することができませんでした。

それから7ヶ月後にウィングス・フォー・オーティズムが誕生しました。

「このプログラムは、飛行機に乗る練習の機会となるものです」

マスポート航空カスタマーサービスのミア・ヒーリー=ウォルドロン副所長はそう言います。

ローガン空港は、発達障害の子と家族を歓迎しています。
チケットを取得し、セキュリティを通過し、ゲートに取得し、さらには本物の飛行機に座るまでの練習ができます。
息子のヘンリーを飛行機に乗せることができなかったスージーはこう言います。

「前もって何があるかわかっていれば、旅行に行くときのストレスが軽減されます」

ウィングス・フォー・オーティズムの人気は高まっています。
今回のイベントでは、670人ほどの申込みがありました。
新型コロナウィルス感染拡大のために2年間行うことができませんでした。

blank blank blank blank

空港はより多くのタッチレス技術、より多くのオープンスペースと創造的な座席を追加しました。
現在、同様のイベントを開催している空港は全米で70ヶ所あります。

「春と秋の年2回の定期開催に戻すことができ、本当にうれしく思っています」

そう、ウォルドロン副所長は言います。

飛行機に乗れなかったヘンリーは2014年に初めてウィングス・フォー・オーティズムで初めて飛行機に乗りました。
そしてディズニーランドに行けなかったあのときから約10年、ヘンリーは今では普通に飛行機で旅行できるようになっています。

blank

「ウィングス・フォー・オーティズムで練習できたことは大成功でした。
それ以来、息子は旅人です。
本当に多くの家族にも良い知らせとなったので、はとても幸せです」

(出典・画像:米NBC BOSTON

本当にすばらしい取り組みですね。

日本でも開催規模や頻度はこれほどではありませんが、各航空会社が同様な取り組みを行っているはずです。

自閉症の人たちが快適に鑑賞できるように。美術館の取り組み

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「渡ろうよ、ねっちさん」
ねっちさん3
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。