発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人たちの文字をつづるなどの代替コミュニケーション

time 2020/01/04

この記事は約 3 分で読めます。

自閉症の人たちの文字をつづるなどの代替コミュニケーション

文字をつづるなどの代替コミュニケーション方法は、米ワシントンD.C.郊外のグロウイング・キッズ・セラピーセンターの生徒たちには日常の一部です。
このセンターのエグゼクティブディレクターであるエリザベス・ヴォセラーは、こう言います。
「ここに来ている、話すことができない子どもたちは、運動機能の問題が原因となっています」
米カリフォルニア大学の教授、コニー・カサリ博士はこう言います。
「話すことには、運動の調整能力が必要となります」
話すことができない子どもたちとのコミュニケーションに、このセンターでは「スペル・ツー・コミュニケーション」が利用されています。
m3-1 自閉症の人たちの文字をつづるなどの代替コミュニケーション
これによってとてもうまくコミュニケーションが行えるようになった生徒たちがいますが、まだ多くのテストを行う必要があるとカサリ博士はいいます。
話すことができないすべての人たちに有効な方法ではありません。
「発達障害の自閉症の人はそれぞれが異なります。より多くのコミュニケーション方法が必要です」
このセンターの生徒たちは、話すことで反応することができなくても、周りから聞こえる会話は完全に理解しているといいます。
こうイメージしてくださいとヴォセラーは言います。
「完全に喉の調子を壊して声が出なくなっても、言葉を理解する能力、文章にする能力はあるのです」
m1-1 自閉症の人たちの文字をつづるなどの代替コミュニケーション m4-1 自閉症の人たちの文字をつづるなどの代替コミュニケーション
話す代わりに、アルファベットが書かれたボードやペンなどを使って、単語をつづります。
これによって生徒たちは同時に運動スキルを身につけることにも役立つといいます。
「これを使うことは練習になります。ずっと続く練習です」
21歳のイアン・ノードリングは15歳のときに、警察官に逮捕されそうになりました。
警察官の指示に従わずに道路を渡ったためです。
「警察官側の教育不足の結果である可能性が高い」
そう警察署長は当時のことをいいます。
m5 自閉症の人たちの文字をつづるなどの代替コミュニケーション
現在、イアンは警察官に対して、自閉症やその他特別支援を必要とする人たちとどのように対話すべきかを教え、理解する支援を行っています。
イアンはメールでこう伝えています。
「自閉症の人たちは、自分で自分をコントロールすることがどれほど難しいかを知ってほしいと思っています。
まるで操り人形のように自分を思うこともありますが、コントロールできないのです。
自閉症のことを知ってもらわなければ、これは理解されないでしょう。
自閉症の人たちにたいする理解を深めてもらい、思いやりをもってもらうことを願っています」
イアンの活動を通じて、地元の警察官たちは自閉症の人たちの中には、口頭でコミュニケーションがとれない人もいること、触れたり、音や光に敏感であり、パニックを起こして逃げ出してしまうことがあることを知っています。
(出典・画像:米USA TODAY
うちの子も話すことは全くできないのですが、私が言っていることはずいぶん理解してくれています。
これが欲しい?とたずねると、欲しいときにはしずかに両手を叩いて教えてもくれます。
もちろん、伝えられることは限られますが、それでも増えてきたことは本当にうれしく思います。
剣と魔法の力で発達障害の人のコミュニケーション能力が向上

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。