発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子にメラトニンを長期間与え続けても大丈夫。研究結果

time 2020/02/29

この記事は約 5 分で読めます。

自閉症の子にメラトニンを長期間与え続けても大丈夫。研究結果

新しい研究によれば、メラトニンは睡眠困難な自閉症の子どもに長期利用しても安全です。
この研究では、自閉症の子に対する睡眠ホルモンの効果を2年間にわたって追跡調査しました。
メラトニンはこれまでにも、発達障害の子の睡眠補助薬として挙げられてきましたが、今回の新しい研究はその長期的な安全性を体系的に評価した最初のものとなります。
最大で80パーセントの自閉症の子が睡眠に問題をかかえています。
今回の研究を行った、米ヴァンダービルト大学の神経学と小児科のベス・マロウ教授はこれらの困難は自閉症による学習、行動、生活の質に関わる問題をさらに悪化させている可能性があるといいます。
自閉症の子どもたちがより多く眠れるように助けることができれば、これらの問題を軽減させることにつながるかもしれません。
「良く眠ることができれば、多くの問題の改善や緩和につながります。
子どもたちは学校での療育にも集中して取り組めるようになり、家族の生活の質も良くなるはずです」
そうマロウ教授は言います。
s3-5 自閉症の子にメラトニンを長期間与え続けても大丈夫。研究結果
睡眠環境を改善すること、例えば静かな就寝時間を確保するように子どもの部屋に入らないようにするなど、そうしたことがより良い睡眠への第一歩だとマロウ教授はいいます。
しかし、それだけでは不十分な場合、多くの医師と家族は脳内で作られる睡眠を促進するホルモンであるメラトニンの利用を考えます。
他の国では処方箋が必要な場合もありますが、米国ではメラトニンは栄養補助食品として一般に市販されています。
これまでの小規模な研究で、メラトニンが自閉症の子の睡眠の質と持続時間を改善できることが示されています。
しかし、特に思春期において、ホルモンの長期的な利用についての安全性に疑問が残っていました。
メラトニンのレベルは通常、思春期に低下します。
そのため、メラトニンを摂取すると性的成熟が遅れたり、変化する可能性があるという懸念がありました。
「メラトニンはホルモンであるため、それを服用することの長期的な結果について常に懸念があります。
通常、効果が認められない場合にはホルモンも服用するものではないと考えています」
そう、この研究には関与していない米イェールニューヘブン病院睡眠センターの小児科医師のクレイグ・カナパリは言います。
今回の研究を行ったマロウ教授たちの研究チームは、この懸念に対して、PedPRMと呼ばれる小児用徐放性メラトニンの先行研究を行っています。
13週間に渡って、2歳から17歳の119人の子ども(ほとんどの子が自閉症で、一部はスミス-マゲニス症候群の子)でテストした結果、 PedPRMは睡眠を大幅に改善することがわかりました。
s2-5 自閉症の子にメラトニンを長期間与え続けても大丈夫。研究結果
今回の新しい研究では、80人の子どもがさらにメラトニンを91週間、合計して2年間服用し、その間必要に応じて量を増やすことも行いました。
量を増やしたときに、一部の子どもたちには昼間も疲労や眠気が現れていましたが、睡眠と生活の改善が長期に渡って持続することが確認できました。
そして子どもたちは予想通りに成長し、メラトニンが成長を妨げることがないことが確認されました。
「思春期が遅れていないことを、科学的に知ることは私たちにとって本当に重要でした」
そうマロウ教授は言います。
この新しい研究には、偽薬のみを投与した比較対象となる子どもたちは含まれていません。
それでも、メラトニンは自閉症の子どもにとって安全で効果的であるという証拠が増えていると、この研究に関与していない米コロンビア大学の小児および青年精神医学部長のジェレミー・ヴェーンストラ・ヴァンダーウィーレは言います。
「これは、自閉症の子どもは信じられないほど、睡眠の問題を一般的にかかえていて、
睡眠の問題を治療するべきものとして考えるべき必要性を示唆しています」
この研究は”the Journal of the American Academy of Child and Adolescent Psychiatry”に掲載されています。
s1-5 自閉症の子にメラトニンを長期間与え続けても大丈夫。研究結果
PedPRMは、直径3ミリメートルの小さな丸薬で、子供が飲み込みやすく、メラトニンを一晩中ゆっくりと放出できるように設計されたものです。 (この研究の一部は、PedPRMを製造するイスラエルに本拠を置くNeurim Pharmaceuticals社から資金提供を受けています。)
PedPRMは、メラトニンが処方薬とされているヨーロッパのいくつかの国での使用が承認されていますが、米国では現在、米国食品医薬品局によって審査中で入手できません。
今回の研究で使用されたPedPRMの安全性とメリットは、睡眠不足によるリスクを考えれば、他の市販の持続放出型メラトニンサプリメントでも同様に考えてよいだろうと、米イェールニューヘブン病院睡眠センター小児科のカナパリ医師は言います。
「現実に、自閉症の子どもがかかえる慢性的な睡眠不足が子どもと家族に非常に深刻な問題になっていることはよく知られています」
米国ではメラトニンは栄養補助食品と見なされているため、処方薬と同じ品質管理措置の対象ではありません。
しかし睡眠不足がもたらす深刻な影響を考えれば、カナパリ医師は米国でこれまでにきちんとチェックされて市販されているメラトニンの利用も有用だといいます。
(出典:米SPECTRUM)(画像:Pixabay
メラトニンについて日本ではこうです。厚生労働省 e−ヘルスネットから

メラトニンには催眠作用があるため、欧米では睡眠薬としてドラッグストアなどで販売されており、日本でもインターネットで並行輸入が可能です。しかし、一般的にメラトニンの催眠作用は弱く、寝る前に服用しても寝つきは若干良くなるものの、不眠症の改善効果は乏しいことが分かっています。

米国から輸入して、うちの子には幼い頃から、眠らない日が続いたときには飲ませています。
うちでは、すごく効いたなと思う日もありますが、全く効果なしの日もあります。
子どもの健康に影響がないかという心配もあり、その検証をかねて自分でも時々飲んだりします。
害を感じたことはありませんが、はっきり効果があるのかは、正直自分でもよくわかりません。。
ここ最近ひどくなってから、うちの子は眠れるように薬も処方してもらっていますが、きちんと飲んでいても2日3日、全く眠らずにうろうろし続けることもあります。
うちの子については一緒に飲んでも問題ないと医師からもいわれていますし、害もないようなので、効くことを願ってメラトニンも一応飲ませているという感じです。
自閉症スペクトラム障害の子が睡眠障害になる可能性は2倍も高い

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。