発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の息子をかかえる父親が隣の自閉症の青年の起業を応援

time 2020/07/21

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

自閉症の息子をかかえる父親が隣の自閉症の青年の起業を応援
  • 起業家として成功するためにはどんなサポートが必要なのか?
  • 発達障害を持つ人が起業家として成功するためにはどういった取り組みが効果的なのか?
  • 障害を持つ人が起業する際に周囲のサポートがどれだけ大切なのか?

19歳の障害を克服し、起業家になろうとしている青年を隣人が応援しています。

ジャスティン・リンクの数にアイデアが浮かびました。

「私は他の人がそれをやっているのを見てきたし、それだけ多くの人がやっているのなら、私がこれをすればたくさん稼げると思いました」

そうJMR造園を起業したジャスティンは言います。

近所の3件の芝刈りから始めました。

隣人のクリス・バードがジャスティンにチャンスを見出し、自分の脳力には限界がないことを教えたかったといいます。

「ジャスティンは、私の息子と同じで発達障害の自閉症です。
私の息子はまだ7歳です。
19歳のジャスティンは息子の将来と重なるんです」

クリスはソーシャルメディアでジャスティンの仕事の質の高さを投稿しました。
クリスは、ジャスティンのJMR造園のために、看板、名刺、Tシャツを作りました。

「私は驚かせるつもりで隠していたのですが、ジャスティンは見つけてしまいました。
すぐに私に、自分のTシャツはどこ?と言うようになりました」

ジャスティンのJMR造園はすぐに人気になり、今では15件の家の芝を刈っています。

クリスはこう言います。

「ジャスティンの成功を見たことは、私にも重要な意味があるはずです」

ジャスティンは、クリスの自閉症の息子のお手本のような存在になっています。

「やる気があれば何でもできる。
それを教えてくれました。
私がそれをジャスティンに言うと、恥ずがしがっていました」

(出典・画像:米CBS Philly

起業した青年、お隣のお父さんどちらにもプラスの素晴らしい出会いになりました。

将来は息子さんも一緒に働けるようになるといいですね。

発達障害の青年は言う。本当に楽しい仕事をすることは最高です

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。