発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人にとってテレワークの良いところと悪いところ

time 2020/09/07

この記事は約 5 分で読めます。

自閉症の人にとってテレワークの良いところと悪いところ

健全で進歩的な職場の特徴は、神経多様性のある従業員への対応と歓迎のしかたにあります。

例えば、発達障害である自閉症の人たちは仕事を最適に遂行するために、照明のレベルを下げたり、騒音を減らしたり、プライバシーを確保したりと、特定の環境が必要となることがあります。

しかし、テレワークは私たちが一日の大半をどのように、どこで過ごすかを変えてしまいました。

アイルランドのダブリンのSAP社でシニアサポートエンジニアを務める、自閉症のニック・ランキンはパンデミック中に自宅で仕事をしている間は長所と短所があったと言います。

「自閉症の人は、私のような感覚的な問題を抱えていることが多く、服の感覚にイライラすることがあります。

私はジーンズや普通のズボンの感触が好きではなく、ふだんはジャージしか着ていません。
これは、面接をするときにはよくないでしょうが、仕事をするのには問題はないはずです。

自閉症の人たちの中には、人と目を合わせるのが負担になるという問題を抱えている人もいます。

私にはそのような問題はありません、私はとても社交的です。
なので、これまではオフィスで同僚と会えていたので、早くオフィスで働きたいです。

しかし今でも、同僚たちは良くしてくれていて、何人かは私の家に遊びに来てくれたり、上司も私の様子を見に来てくれたりしています。

私はZoomのようなものをよく使っていますが、実際に会うこととは違います。
おそらく、Zoomの会議では、いつ話すべきか、いつ自分の番が来るのかを簡単に判断できないからだと思います」

w3 自閉症の人にとってテレワークの良いところと悪いところ

ランキンは、これまでのキャリアの道のりの中で、さまざまな課題に直面してきたと言います。

アイルランドのダブリン工科大学でコンピューター科学を学び、特にウェブ開発に興味を持っていました。
しかし、大学を卒業してから2年半、25歳になるまで仕事に就くことができませんでした。

ランキンが現在のように仕事を就くための努力を支援してきたのが、デンマークで設立されたスペシャリスタン社でした。
アイルランドのスペシャリスタン社は、ピーター・ブラバゾンが2012年に設立し、これまでに800人以上の自閉症の人を助けてきました。

ブラバゾンによれば、自閉症の人たちにとっては、自宅で仕事をすることの方が良い選択肢になることもあるといいます。

自分だけのスペースで働くことは、静かで邪魔されない環境となります。

しかし、孤立から不安が増大することもあります。

「これは自閉症の一部の人、特に一人暮らしをしている人にとっては特にひどいことになります。
極端に孤立する結果となる指示を受け、4ヶ月以上のもの間、社会的な交流がなかったのです」

ランキンは、テレワークよりもオフィスで働くほうがメリットがあるといいます。

しかし、自分より社交的ではない人たちがテレワークを喜んでいることも知っています。

ランキンにとっても、静かな時間にいることは自立心を高め、集中力や集中力を高めることにもつながっています。

w1 自閉症の人にとってテレワークの良いところと悪いところ

新型コロナウィルス感染拡大によるテレワークに対して、準備ができていたとランキンは言います。

「私は、SAP社の多くの同僚たちと同じように、週に2日は自宅で仕事をすることを許可されています。
そのため、ある意味ではすでに準備ができていました。

それでも、私はオフィスが好きです。

また、とても素晴らしい食堂で食事ができないことも残念です。
しかし、同僚とは少しずつ会えるようになってきましたし、自分で料理もできます」

パンデミックの前に自宅で仕事をする機会がなかったとしても、自閉症の人が変化に対して対応するのを少し楽にしてくれる方法はあります。

ランキンは、たとえばルーチンを持つことを提案します。

「短い休憩時間を確保しながら仕事をする時間を設定するのです」

そして、時間通りに仕事を終えたら、テレビを見たり、ネットを見たり、散歩に行ったり、友人に会ったりしてリラックスしましょう。

同僚と連絡を取り合うことも大切ですし、私にとっては、頭をスッキリさせるために散歩をすることも大切です」

w2 自閉症の人にとってテレワークの良いところと悪いところ

ブラバゾンは、自閉症の若者や神経多様性、ニューロダイバーシティの人たちが就職し、働き続けられることを支援するためにスペシャリスタン社を設立しました。

多くの自閉症の人たちが雇用に関して直面する主な障壁は、

「感覚的な問題、不安、職場での経験がないこと」

に関連していると説明します。

「私たちのところに来る人の平均年齢は24歳です。

一般的に、彼らは職務経歴書に仕事に関連したことを書くことが難しく、面接のスキルが低いことも相まって、雇用の第一歩を踏み出すことが非常に難しいと感じています。

また、耳にイヤーマフを付けていたり、オフィスでは窓の近くや離れた場所にいることを希望したりと、特定の配慮が必要な場合もあります。

これらのことに対応するのは簡単なことですが、潜在的な雇用者を遠ざけてしまう可能性があります。
そのために、持っている才能を見過ごされてしまう可能性があるのです。

そして、通常の試用期間の後も仕事を続けていくためには、理解のある仲間やメンターのサポートが必要になるかもしれません。

すでにカウンセラー、心理学者や専門家との関係を持っている場合には連絡することをお勧めします。

また、スペシャリスタン社も、いつでも支援します。
ヨーロッパ内では、ヨーロッパ社会基金と政府の能力プログラムから資金提供を受けているため、無料で利用できます」

(出典:アイルランドsiliconrepublic)(画像:Pixabay

リモートワーク、リモート学習もますます行われ、定着するといいなと思います。

それが前提で、集まりたいときには集まる。

個人、人を中心に考えれば、それが現代のIT環境ではいたって自然なことだと思います。

発達障害でないように振る舞う訓練はしない。スペシャリスタン

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。