発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

「特別支援が必要な子に革新的な製品を」工学部生の取り組み

time 2020/12/24

この記事は約 3 分で読めます。

「特別支援が必要な子に革新的な製品を」工学部生の取り組み

米テネシー工科大学工学部の4人の学生が、2歳の自閉症の男の子にサプライズなプレゼントをしました。

エイデン・ロバートソンは2月に発達障害である自閉症と診断されました。
その数週間後、エイデンと母親ローレンの家は竜巻の被害にあい、すべてを失いました。

「自閉症の子どもについてニュースが聞こえると、息子を助けるのにどうすればよいのかといつも考えました。
そんなときに、竜巻が来たんです。
本当に辛いことでした。
息子の療育にと思ったものもすべて失くし、最初からやり直さなければなりませんでした」

そう母親のローレンは言います。

エミリー・キャロル、ガブリエル・ダシルバ、レクシー・キャリア、ジョン・ワグナーは工学部の学生です。
困っている家族を助けるプロジェクトに取り組みたいと思いました。

b1 「特別支援が必要な子に革新的な製品を」工学部生の取り組み

学生たちは、エイデンが感覚にやさしいブランコを求めていることを知ると、すぐに作業に取り掛かりました。

テネシー工科大学の早期療育・機械工学プロジェクトは、

「特別支援を必要とする子どもたちに革新的な製品を設計し提供する。
そして、工学部の学生も実世界で設計の経験をする」

ことを目的としたプロジェクトです。

3年生のガブリエルはこう言います。

「これまでの2年間は机上の作業ばかりでした。
実践的なこのプロジェクトにかかわれたのはとても良かったです。

チームのメンバーと協力しデザインし、紙に書き計算をして、それを組み立て、完成するまでのプロセスすべてがクールでした」

b3 「特別支援が必要な子に革新的な製品を」工学部生の取り組み

チームは、このブランコが納品されるまでの数ヶ月間、計画と作成に取り組みました。

生徒たちがエイデンのための特別なプレゼントを持って到着し、設置が完了すると、エイデンは部屋に駆け込み「ブランコ!」と叫びました。

「最初にそれを見たとき、私は泣かないようにしました。それは素晴らしかった。
親にとって最高のことは、自分の子どもがとても幸せになることです。
息子がブランコに乗ったとき、すごくリラックスして楽しんでいました。
パーフェクトです。
息子が本当に求めていたものです」

そう母親のローレンは語ります。

しかし、それで終わりではありません。
学生たちは別のエイデンのクリスマスプレゼントも持ってきていました。

b4 「特別支援が必要な子に革新的な製品を」工学部生の取り組み

「竜巻の影響を受けていて、エイデンが感覚にやさしいおもちゃなども失っていたことを知っていました。
私たちは、そうしたものもプレゼントしたいと思っていたんです」
そう、学生のレキシーは言います。

エイデンは早いクリスマスプレゼントを贈られ、そして学生たちは「A」をもらいました。

(出典・画像:米WMC

ブランコも素晴らしいですが、それ以上に学生さんたちの気持ちがうれしいです。

親子がずっと忘れない本当に素敵なプレゼントですね。

もう誰もいない公園に行かなくてよい。自閉症の男性のブランコ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「生きててよかった、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。