発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

米国での発達障害の人への歯科治療。歯学部での学習義務付け

time 2022/09/23

この記事は約 5 分で読めます。

米国での発達障害の人への歯科治療。歯学部での学習義務付け

アラーナ・オシェアには、歯の治療が必要でした。
しかし、高校の特別教育課程に通う20歳の彼女に歯科医からはそ、の治療を行うには病院の手術室で麻酔をかける必要があると言われていました。

これは、最も基本的な歯科治療でさえも嫌がる可能性のある知的発達障害者の治療には、米国では一般的な方法です。
そのため、母親のエレイン・オシェアは娘のアラーナを米トゥーロ大学の歯科クリニックに連れて行き、麻酔の診察を受けました。

しかし、そこで会ったトゥーロ歯科医科大学で痛みと不安のコントロールのコースディレクターを務めるロズドルスキー医師は、アラーナが手術室に入って麻酔をかけなくても、必要な歯科治療をすべて受けられるはずだと考えました。
トゥーロ歯科大学の臨床スタッフには、アレックス・ドロー医師がいるからです。

s4-1 米国での発達障害の人への歯科治療。歯学部での学習義務付け

ドロー医師は、発達障害の人の歯科治療を行える歯科医師を育成することで、発達障害の人の歯科治療へのアクセスを拡大することを使命としています。
また、約5000人の知的発達障害者にサービスとサポートを提供しているウエストチェスター人間発達研究所で、週に3日歯科治療を行っています。
ドロー医師はこう言います。

「行動と医療について特別のニーズがある人は、手術室にいなければならないと考える医療従事者があまりにも多い。
それは、非人道的だと思います」

ここ米ニューヨーク州内だけでなく、全米でも発達障害の人への歯科サービスの必要性は高まっています。

州の発達障害者事務所が2021年に行った調査によると、重度の知的障害を持つ人々の歯科医療は、州のあらゆる地域で制限されています。
基本的な歯科治療でさえも麻酔を使用して病院で行う必要があるとされれば、簡単なクリーニングのために何年も待たされることがあります。

そして、この問題は全米にも存在します。
米国外科医会の報告書によると、特別なニーズを持つ子どもたちにとって、満たされていない健康ニーズとして最も頻繁に挙げられているのが歯科医療でした。
成人の場合、このような専門的なケアはもっと不足しています。

s3-3 米国での発達障害の人への歯科治療。歯学部での学習義務付け

発達障害の人は、口腔衛生を保つための良いトレーニングを受けていないこと、ケアへのアクセスが一定でないこと、嫌な経験をした後に歯科治療を嫌がることなど、口腔衛生の問題に直面しています。

口腔衛生の悪化は、見た目だけでなく、それ以上の影響を与えます。
歯の問題は痛みを伴うことがあり、健康的な食生活に影響を与える可能性があります。

言葉を発しない人にとっては、歯の状態が認識されないまま痛みを引き起こし、行動上の問題に拍車をかけることがあります。
歯の健康はすべての健康に影響を与え、生命を脅かす感染症や心臓病などの合併症を引き起こす可能性があります。

歯科治療が長く待たされるのは、いくつかの要因に起因します。
歯科医が安心して治療を受けられない、または治療を行う資格がない、手術室での歯科治療が可能な病院が限られている(ニューヨーク州内213病院のうち30病院のみ)などです。

コロンビア大学、ロチェスター大学、トゥーロ大学、ニューヨーク州立大学、各大学の歯学部と提携している、ニューヨーク州アカデミック・デンタル・センター(NYSADC)のジョナサン・テヤン代表は、「限られたアクセスを改善することは道徳的な要請である」と言います。

しかし、これには政策的な問題も関係します。
発達障害の人がメディケイド(米国の医療保険制度)を利用することはよくあることです。

「メディケイドからの歯科医への払い戻し率が不十分なのです。
障害のある患者は、より多くの時間、より多くのスタッフ、さらにはより多くの機器を必要とすることが多いため、歯科医はより多くのリソースを使用していることが多くなりますが、報酬は変わりません。
メディケイドはそれに対応していないのです」

2020年、歯科医師認定評議会は、知的障害や発達障害のある患者の治療管理についてのトレーニングを、大学の歯学部に義務付けるようになりました。

「誰もが同じようにケアを受け、同じレベルのケアを受けるという基本的人権があります。
歯学部の学生はもっともっと学ぶ必要があるのです」

トゥーロ大学で特別なニーズを持つ患者のための口腔ケアコースのディレクター、ディセンソ・ブラウンはそう言います。

s6 米国での発達障害の人への歯科治療。歯学部での学習義務付け

ドロー医師は、アラーナの診察前にアラーナの治療の前に母親に会い、その日に行うことについて話しました。

アラーナが歯科医の診察中にiPadで映画を見ることができたのは助かったと両親は話します。

「椅子にちょうどよい大きさのスクリーンを取り付けた部屋で、大好きなディズニーの映画が見られると知って、アラーナは喜んでいました」

ドロー医師と2人の助手が、小さな声で話しながら、協調し治療を行いました。
助手が楽器を手に取ったり、使ったり、置いたり、切り替えたり、その間にドロー医師はテキパキと治療をし、アラーナはずっとリラックスしていました。

s1-3 米国での発達障害の人への歯科治療。歯学部での学習義務付け s2-3 米国での発達障害の人への歯科治療。歯学部での学習義務付け s5 米国での発達障害の人への歯科治療。歯学部での学習義務付け

アラーナの母親は素晴らしい治療だと言います。

「幼いころは、歯医者では麻酔をかけて治療をする必要がありました。
しかし今では、歯医者の椅子に座っても、ずっとニコニコしていますよ」

ディセンソ・ブラウンは、アラーナの体験から、知的発達障害のある人の80パーセントは麻酔を必要としない従来の歯科治療が可能であるという信念を強くしました。

「ただ、もう少しのケアと思いやりを必要としているだけです」

(出典・画像:米pressconnects.

うちの子については幸いここ数年、歯医者さんで悩むことはありません。

近くの障害の方向けの医療センターの歯医者さんが素晴らしくて、うちの子もまったく嫌がりません。

なお、うちの子は歯を削ったりすることは何とも思わないようですが、耳や鼻に何かを入れられるとものすごく抵抗します。

自閉症の成人である私から歯医者さんに知ってほしい5つのこと

(チャーリー)


たーとるうぃずの重いひざかけ ★★★★★ 歯の治療をする時に!!
EtxAbBoUUAkLLQi 米国での発達障害の人への歯科治療。歯学部での学習義務付け

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「楽しそうだね、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。