発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

全米に広がる、自閉症の人たちが出会い、学べるテニスの教室

time 2023/04/23

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

全米に広がる、自閉症の人たちが出会い、学べるテニスの教室
  • テニス教室ではどんなスキルや楽しみ方が身につくのか?
  • テニスを通じて何が成長や協力を促進する要因となっているのか?
  • 自閉症や発達障害の方にとってスポーツのプログラムはどのようなメリットがあるのか?

まず、ボールを投げて手と目の連動性を高め、その後ネットに向かって走って戻り、足を慣らします。

「その後、ラケットを使ったボールコントロールに移ります」

そう、17歳のボランティア、チャンドラー・モリスは言います。
ここは、ACEing Autismが行っているテニス教室です。

「私たちは、全米に130以上の拠点を持つ全国組織の一員です」

そう、コーチのボブ・ミリオリーニは言います。

自閉症の人たちにテニスをする機会を提供しています。

ディオール・ホブソンは2018年から参加しています。

「このプログラムの良いところは、新しい人に出会い、新しいスキルを学べることです」

高校で女子テニスも教えているミリオリーニはこう言います。

「ここに参加した子どもたちが、高校でもテニスをするようになりました」

チャンドラーのような高校生ボランティアが、仲間として行動しています。
誰もが楽しめるテニスレッスンです。

「私は、自閉症の人たちがユニークな自分を見せ、成長し、他の人たちと協力するのを目にできました」

運動神経を鍛えるだけでなく、このプログラムは貴重な社会的交流ももたらします。
エイデン・ジェンの父親は、息子の喜びと熱意を目の当たりにしています。

「地域社会に参加することで、彼はここで素晴らしい友人を作ることができました」

コーチのミリオリーニはこう言います。

「自閉症スペクトラムの子どもたちの場合、教育やコミュニケーションに視覚的な補助を使うのは良いことです。
視覚的なスケジュールを使って成長を手伝っています」

毎週土曜日の午前中、このプログラムは笑顔をもたらしています。

「子どもたちが成長し、上達し、さらにプログラムを楽しんでいる姿を見るのは、私にとって大きな喜びです」

(出典・画像:米wtnh

チームでなくてもできるスポーツを仲間と楽しむ。

発達障害、自閉症の方に合っているように思います。

こんな機会がどんどん増えるといいですね。

eスポーツは自閉症の人がリラックスし社会的スキルを学ぶ機会

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。