発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症や特別支援を必要とする人たちがプレーする全米野球リーグ

time 2020/12/26

この記事は約 3 分で読めます。

自閉症や特別支援を必要とする人たちがプレーする全米野球リーグ

4歳で発達障害の自閉症と診断されたテイラーダンカンは、スポーツが大好きな子どもでした。
他の子どもと同じようにチームでプレーする機会がほしいと願っていました。

「私は長年にわたって多くの否定的な見方をされてきました。
伝統的なスポーツをする機会はありませんでした。

しかし、私の母、教師、および長年にわたって私はコーチから助けられてきました。
そのおかげで、今では私はそうしたスポーツができますし、私がそうした機会を提供できるようになりました」

そうダンカンは言います

これが、自閉症やその他の特別支援を必要とする若者や大人が野球をプレーできる機会を提供している、非営利団体のオルタナティブベースボールが行っていることです。
2016年初めの設立時には、選手はわずか6人だけでした。
それが現在では33州の77チームが参加する全米の組織となりました。

「私が学校でスポーツをすることができなかった理由は、私はリトルリーグで遊ぶことができなかったのと同じ理由のためです。
コーチが私は他の人と違うからと考えたためです。

しかし、私はこうして発達障害やその他の特別支援を必要とする人のスポーツの機会に参加することができました」

b1-1 自閉症や特別支援を必要とする人たちがプレーする全米野球リーグ

オルタナティブベースボールは楽しい趣味やレクリエーションというだけでなく多くのことを参加者に提供しているといいます。

「私にとってはただの野球ではありません。
新しい友情を作れる機会です。

特別支援を必要とする子どもの多くは高校を卒業すると集える機会などがありません。

オルタナティブベースボールは、自閉症スペクトラム障害の私のような人たちが集え、励まされる機会です。
私たちはお互いを受け入れ、最高の自分になるのを助けます。
外で活動し、多くの夢を達成できるようにがんばれます」

オルタナティブベースボールのリーグは、15歳以上であれば参加でき、標準的な野球のルールが採用されています。

ダンカンはこう言います。

「私たちは例えば『三振』とは何かという概念から教えて、それぞれの人の能力やスキルレベルに合わせて、やり方を変えて行っていいようにしています。

参加したいと思えば、私たちは誰でも歓迎します」

ダンカンは、オルタナティブベースボールの最初の6人の選手の一人です。

「もっとコーチやマネージャーを増やして、もっとチャンスを提供できるようにしたいです。
誰もが、ありのままの自分を受け入れられ、可能な限りのベストな自分になれる機会をつくりたい」

(出典・画像:米PANAMA CITY NEWS HERALD

誰でも自分を出せて楽しく過ごして、成長できる。

そんな機会が世界中でますます生まれて欲しいと願います。

自閉症の人を含めゲーム好きなすべての人のための教育センター

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「プレゼントとねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。