発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

重度の自閉症の子のママ。初めて誘われたママ会はカルトだった

time 2021/02/13

この記事は約 3 分で読めます。

重度の自閉症の子のママ。初めて誘われたママ会はカルトだった

話すことができない息子のエイブリーが重度の自閉症と診断されたとき、私たちの世界は終わったような気がしました。
私が思っていたすべての希望、夢、そして未来が灰色になったように見えたのです。

私に手を差し伸べることができる人もいませんでした。
私は、私の灰色を理解できる誰かに話をする必要がありました。

私はネットに息子の診断について書き込みました。
私は、睡眠やサプリ、治療の選択に悩んでいました。
丸一日が過ぎても誰も私の投稿にコメントしていませんでした。
誰からも理解されないのだと思いました。

m1-1 重度の自閉症の子のママ。初めて誘われたママ会はカルトだった

私は灰色の場所で、涙が毎日流れました。
そのとき、私のスマホに通知がありました。
あるママが私に手を差し伸べてくれました。
感謝しました。理解者がいてくれたのです。

そして、それからそのママは友だちになりました。
今まで誰とも理解しあえなかったので、ワクワクしました。
それから時間をかけて、私は息子の自閉症について詳細をネットに書きました。
私はもう一人ではないと感じました。

私は友だちができて、完全にガードが外れていました。
そしてある朝、ママのお茶会への招待のメッセージが届きました。

すごくうれしくなりました。
ママ会に参加できる。

そして最高の服を着て、髪を整え化粧もして向かいました。
私はママたちに好かれたいと思っていました。
私は友だちが作るのが苦手なので緊張していましたが、完璧に行動したいと思いました。

ママ友を増やす準備をして、郊外の美しい家に入ると違う世界でした。
こんなところに招待をされるなんて、それまで想像もしていませんでした。

m2-1 重度の自閉症の子のママ。初めて誘われたママ会はカルトだった

7人のママたちにあいさつをしました。
リビングルームに座りました。
すると、本やペンが配られました。

その一瞬で、私の警戒心が高まりました。
このママ会は何かおかしい。
私は本のページをめくることができませんでした。
お茶を片手に私が固まっているとこう言われました。

「まだ失うものが何かあるの?」

m3-1 重度の自閉症の子のママ。初めて誘われたママ会はカルトだった

何も答えられないでいると、こう言われました。

「漂白剤の治療で、何でも治るのよ。
あなたの息子、エイブリーの自閉症を治したくないの?」

ママのお茶会に招待された日、ママ友を作ろうと思った日、
その日は、「漂白剤」と自閉症の隠された世界を知った日でした。

次の日、私はこの出来事をネットに書きました。

私はエイブリーには辛い状況から抜け出して欲しいと思っています。
しかし、漂白剤を使いたいとは思いません。

それまで、私はママたちのお茶会に招待されたことはありませんでした。
私が招待されたのは、漂白剤のカルト教団といっていいでしょう。

私は友だちを得るために、すべてを失う覚悟はできていませんでした。
そこにいたママたちはそうだったのでしょう。
私とあのママたちは、それで分かれたのです。

m5 重度の自閉症の子のママ。初めて誘われたママ会はカルトだった

私は、必ずしもママ友が必要ではないことに気づきました。

私はただ、灰色の世界を離れて、息子の美しさを見るだけでいいのです。
それが、私と自閉症の息子の旅。
私は息子を愛しています。これが最も重要なことです。
そして、私は生涯をかけて息子を守ります。

(出典:米Love What Matters)(画像:Pixabay

悪意だけでなく、善意でも怪しいことが忍び寄ってきます。

重度の発達障害の子の親であれば、漂白剤でなくとも日本でもありそうな話です。

苦しくても辛くても、守るべきものを第一に考え冷静に対応することが必要です。

死亡する恐れも。発達障害の子への漂白剤「偽治療」英国で広がる

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「むしろよかったね、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。