発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の青年の起業を支援。中古トレーラーの活用ビジネス

time 2021/02/14

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の青年の起業を支援。中古トレーラーの活用ビジネス

自閉症の若者の就業を支援する斬新なアイデアが生まれました。

自閉症の人へのケアサービスを提供する慈善団体が、自閉症の人の就職のために古いトレーラーを購入して、カフェなどのビジネスを行うことを考えています。

慈善団体「スクラム」のダン・エイチソンによれば、クライアントである自閉症の人たちは成人になってから仕事を見つけるのに苦労しているといいます。
雇用されることを望んでますが、「普通の」仕事を続けることが難しいと感じています。

自閉症の人が仕事を見つけられない理由はさまざまだといいます。
それは自閉症の人はうまく面接に対応できないこと、雇用する側が自閉症の人を理解し、職場でそれらを完全にサポートすることができないなどの可能性があります。

イギリスでは自閉症の成人で仕事に就いているのは32パーセントにすぎません。
失業中の自閉症の成人の77パーセントは仕事をしたいと考えています。

スクラムでは自閉症の人のライフスキルを身につけるためのサポート、家族のサポート、自信の構築と社会的スキル開発を含むサービスを提供しています。

スクラムの利用者の一人であるフレイザーは仕事を探していましたが、適当なものが見つかりませんでした。
19歳になったばかりのフレイザーは、デイケアや大学には行きたくありません。
自分にできる有意義な仕事を望んでいました。

t1 自閉症の青年の起業を支援。中古トレーラーの活用ビジネス

スクラムのスタッフが、古いトレーラーを購入し起業の支援を行うことを思いつきました。
フレイザーが自分でビジネスを行う機会を提供するのです。
トレーラーが、移動式のカフェ、美容院、そして感覚に優しい部屋などになります。

「私たちは自閉症の若者たちに、自分のスキルや興味にあわせて、最終的にはトレーラーで自分のビジネスを行うことを目標に、働く機会を提供したいと考えています」

そうクラウドファンディングを立ち上げ、最初のトレーラーを購入しました。
フレイザーは使えるように修理作業にとりかかっています。
スクラムはこう言います。

「ビジネスを行う上で必要となる、財務管理、マーケティング、コミュニケーション、組織運営などスキルについても自閉症の人をサポートします」

(出典・画像:英Leicestershire Live

起業して食べていく。

簡単なことではありません。しかしチャレンジする価値はあります。

型にはまることが求められる就職だけでなく、発達障害の方にこそ、型にはまらないことが活きるこうした起業支援がもっとあっていいと思います。

発達障害の青年が家族の支援でブランドを立ち上げビジネスに

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「通だね、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。