発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の青年は夢だった自閉症の子たちのバスケの試合の審判に

time 2021/02/18

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の青年は夢だった自閉症の子たちのバスケの試合の審判に

バスケットボールコートで、22歳のウィル・フリード審判員よりも試合を愛する人はいないかもしれません。

「私はいつもバスケットボールの試合を応援したくて、いつも試合のそばにいたいと思っていました。
それが私を人として成長させてくれました。
自分の殻からを破るのを助けてくれました」

どうして、こんなにバスケットボールの試合が好きなのかと質問されると、フリードはこう答えます。

「私はスポーツに取り組んでいる人の熱意と、コーチがどのような作戦を立てるのか、そして素早い動きとエキサイティングなゴールを見るのが好きなんです」

c5 自閉症の青年は夢だった自閉症の子たちのバスケの試合の審判に c4 自閉症の青年は夢だった自閉症の子たちのバスケの試合の審判に

そして何よりバスケットボールで、自閉症をかかえるフリードは自信をもらいました。

「10歳のときに、バスケットボールのキャンプに参加しました。
うまくプレーできないときでも、バスケットボールをしていると誇りと喜びをいつも感じることができました」

フリードはいつも最高の選手ではありませんでした。
しかし、今は最高の審判になろうと決めています。

フリードが最初に審判の服を着たのは5年前、大学で大学間の試合の審判をするためでした。
そして、大学院に通うようになってから、中学・高校の試合の審判を始めました。

「ここカンザス州に来て一番良かったのは、私の夢だった自閉症スペクトラムの選手たちの審判をできたことでした。

私は高校や中学校のバスケットボールチームには入れませんでした。
今、インクルージョンがどのように進んでいるかを見ることは重要です。

私がここで話をしたり、審判をしたりしたところ、
コーチたちは、可能な限り自閉症の子どもたちを自分たちのチームに入れたいと思っています」

c3 自閉症の青年は夢だった自閉症の子たちのバスケの試合の審判に c1 自閉症の青年は夢だった自閉症の子たちのバスケの試合の審判に

自分自身の障害を克服することで、フリードは障害をかかえる人たちに、自分がやろうと思ったことは何でも達成できるということを示したいと願っています。

「障害のある人も、障害のない人と同じように強みを持っています。
障害のある人も一生懸命働き、戦い、やりたいことをやる勇気を持っています」

(出典・画像:米CATCH IT KANSAS

「自分がやろうと思ったことは何でも達成できる」

障害のあるなしに関わらず、子どもたちにはそう、応援したいです。

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「プレゼントとねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。