発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の息子がアイデアを出し父が描くコミックが希望を与える

time 2021/04/05

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の息子がアイデアを出し父が描くコミックが希望を与える

レド・ブラッドショーの息子、ジェイクは3歳のときに発達障害の自閉症と診断されました。
そして、ジェイクへのアートセラピーがプロの漫画家である父親のコミックのアイデアにつながっていきました。

父親のレドが描くコミックブックシリーズ「ジェイク・ジェットパルス」は現在5巻まで販売されています。

「息子は自分をこのキャラクターにして、ずっとその話をしていました」

父と息子の二人はすぐに一緒にコミックを描くようになって「ジェイク・ジェットパルス」が始まりました。

c6 発達障害の息子がアイデアを出し父が描くコミックが希望を与える c9 発達障害の息子がアイデアを出し父が描くコミックが希望を与える

「ジェイクが小学2年生のときに、保護者会で単語やスペルを覚える能力について話し合ったことがあります。
私は 子供たちが学んでいる単語のリストをもらえないかと尋ねました」

そしれレドは息子のジェイクが学習できるように単語カードを作成しました。
それぞれのフラッシュカードには、ジェイクをスーパーヒーローにした絵を描き、それぞれの単語をつかって活躍を描きました。

「ジェイクは空を飛んだり、速く走ったりして、『走る』や「跳ぶ」という言葉を覚えました」

このアイデアが、スーパーヒーローの物語と教育を組み合わせた「ジェイク・ジェットパルス」コミックシリーズへと発展しました。 c11 発達障害の息子がアイデアを出し父が描くコミックが希望を与える c1 発達障害の息子がアイデアを出し父が描くコミックが希望を与える

キャラクターの作成やバックストーリーの作成など、ジェイクはこのコミックの「ほぼすべての部分に関わっている」といいます。
イラストがジェイクのイメージに合わない場合には、ジェイクは躊躇せずに父親にデザインの変更を依頼します。

「私がイラストを描いている間、ジェイクは私のそばに座っていて、チェックしています。
私からも創造的なアイデアを伝えたくなりますが、ジェイクの考えを受け入れるようにしています」

このシリーズによってジェイクは新しいスキルを身につけたと言います。

「息子のボキャブラリーは増えて、自信を持てるようになりました。
本当にスーパーヒーローになったようです」

ジェイクはキャラクターの真似をするようになりました。
そして、父親とのコラボレーションを楽しんでいます。

「自閉症と診断されても、それは悪いことではないです。
大丈夫。
ユニークな存在で、何でもできる」

そうジェイクは言います。

c3 発達障害の息子がアイデアを出し父が描くコミックが希望を与える

「ジェイク・ジェットパルス」は、教師の間でも使われるようになりました。
父親のレドは、「ジェイク・ジェットパルス」を通じて、自閉症について広く知ってもらうだけでなく、自閉症スペクトラム障害についての教育や、親たちのコミュニティ意識の醸成にも努めています。

「親として、私は何かを作って、あなたは一人ではないということを人々に伝えたかったのです。
また、このことが子どもの将来を決めるわけではないということを人々に示したかったのです。
自閉症スペクトラム障害をかかえていても、素晴らしく、優れた人たちがいます。
私はみんなに希望を与えるものを作りたかったのです」

(出典・画像:米TODAY

親子でこんな創作ができたら、本当に楽しく、素晴らしいと思います。

ずっとずっと描き続けて頂きたいと応援しています。

発達障害の兄弟のコミックの店が開店。ばかげていると母も思った

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「通だね、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。