発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の青年がついにはカフェをオープンするまでに成長した

time 2022/08/22

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症の青年がついにはカフェをオープンするまでに成長した

自閉症のジェイコブ・マクファーランドは、両親にコーヒーを淹れて持っていくのが大好きでした。
「バリスタ・ジェイク」というニックネームがついて、地元米ペンシルベニア州ノリスタウンに広まり、そして今、21歳の彼は、自分のカフェをオープンしました。

ジェイコブは父親にコーヒーを淹れることに情熱を注いでいました。

「とても幸せな気分にしてくれるんだ。
本当にそう思う。本当だよ」

母親のアンジェラはこう言います。

「ジェイコブの言っていることは本当です。
ジェイコブは父親が大好きで、夫はコーヒーが大好きなんです。
だから、夫が好きなものはすべて、ジェイコブも好きなんです。
でも私は、ジェイコブがコーヒー豆の種類やブレンドの違い、最適な水、水温、技術など、あらゆる研究に没頭していたことまでは知りませんでした」

blank blank

ジェイコブの両親は町でレコード店を経営しています。
しかし、新型コロナ感染拡大時は必要不可欠なお店ではないため、一時的に店を閉めざるを得ませんでした。
当時19歳で、ジェイコブは高校を卒業後も継続教育を受けていたが、それも中断されてしまいました。

「ジェイコブはいつもどおりの日常を求めました。
パンデミックのために日常がなくなってしまったからです。
それで、店の外にコーヒーカートを出すことにしたんです」

コーヒーカートは、店内でレコードの買い物ができなくても、客に足を運んでもらうための方法でした。
そのとき、ジェイコブは「バリスタ・ジェイク」になるという夢を実現することができました。

「ジェイコブがバリスタ・ジェイクになるという夢を実現できたときです」

blank blank blank

やがてカートはレコード店の中に移動しました。
「コーヒークローゼット・ウィズ・バリスタ・ジェイク」は拡大していきました。

ジェイコブはこう言います。

「ホットコーヒーの作り方を教わり、動画を見て、アイスコーヒーの作り方を学びました。
それから、食事を提供するための免許を取得しました。
それで、朝食を提供するようになったんです」

コーヒービジネスは成功しました。
それだけでなく、ジェイコブの人生をも変えました。
アンジェラはこう言います。

「今のジェイコブは、質問したらすぐに答えてくれます。
2年前にはありえませんでした」

カフェはさらに拡大し、障害を持つ他の若者を雇用し、彼らの将来の就職を支援するようになりました。

「私たちは、このカフェを、このような人たちが安心して来店でき、自分たちが役に立っていることを実感でき、職業技術を身につけられる場所にしたいと思っています。
履歴書の書き方や準備の仕方、模擬面接の仕方なども教えています。
最終的には、面接用の服装を保管できるような小さな倉庫も用意する予定です」

カフェでは、地元のチャリティーのための募金活動も定期的に行っており、奨学金基金やホームレス支援団体、自閉症の人たちのための団体などに合計で約2万7000ドルを集めました。

blank

ビジネスをすることは、ジェイコブの社会的な助けにもなりました。

「学校に一緒にいる人はいても、お泊り会をしたことがないし、友だちと旅行に行ったことも、友だちを連れてきたこともないんです。
息子はそういう経験をしたことがないのです。

しかし今、ジェイコブが同僚とカジュアルな会話をし、ハイタッチをして、『やあ、久しぶりだね』と言っているのを聞くと、私はうれしくてたまりません。
息子がそんなふうになるとは思ってもみなかったからです。
そうして、息子は自分の道を切り開いているんです」

マクファーランド家にとって、コーヒークローゼットは単なる家族経営の店ではなく、すべての人を歓迎する場所となりました。
ジェイコブにとっては財産です。

「息子は自分の目的を感じているのだと思います。
そして、仕事に来るのをとても楽しみにしています。
一度、お客さんが来ればその人の車を覚えて、その人が玄関に入る前にコーヒーを入れ始めるんです。

息子は成長しました。
もし明日、このお店がなくなったとしても、2年半の間にジェイコブが成長した大きな価値があります」

(出典・画像:米CBS NEWS

ピンチはチャンス。

ですね。

ますますの発展、ご活躍を期待しています。

新型コロナによる休校の時間に、自閉症の少年が始めたビジネス

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「くっつけ!ねっちさん」
ねっちさん1
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。