発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の女の子は食事の問題をかかえる。とくに人がいるとき

time 2021/05/15

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の女の子は食事の問題をかかえる。とくに人がいるとき

発達障害である自閉症の女の子は、男の子よりも食べることの問題に悩まされているという新しい研究結果が発表されました。

自閉症スペクトラム障害は、ほとんどすべての人に異なる影響を与える複雑なものです。
自閉症の子どもたちは皆、個性的で、必要としているものや苦労していることが異なります。
だからこそ、ケアは個々の子どものニーズに合わせて行う必要があります。

しかし、自閉症の子どもたちには、共通点があることもあります。
食べることの問題は、自閉症の子どもたちに共通していますが、女の子の方がその影響を受けやすいかもしれません。

e1-1 自閉症の女の子は食事の問題をかかえる。とくに人がいるとき

傾向を特定することができれば、ケアや注意を高めることができます。
自閉症の子どもの食事の問題は、女の子に多く見られるそうです。

この研究はスウェーデンの研究者によるもので、男性か女性かが摂食問題に影響を与えるかどうかを調べることが目的でした。

スウェーデンのカロリンスカ研究所の博士課程の学生、カール・ランディン・レムネリウスがこの研究を行いました。
自閉症における性別と食事の問題との間に関連性について調べました。
その結果、女性の自閉症の人の社会的孤立に大きく影響を与えていることがわかりました。

そして女性について、社会的な場面で食事の問題が最も顕著であることがわかりました。

女の子は、友だちと一緒にいるとき、学校、職場、あるいはレストランでも、食事をするのが難しいと報告しました。

これらの問題は女性にだけ見られました。

e3-1 自閉症の女の子は食事の問題をかかえる。とくに人がいるとき

食事の問題のために社会から孤立してしまうことは、少女の身体的な健康だけでなく、精神的な健康にも影響を与える可能性があります。

この社会的な場面で食事が難しくなる正確な原因を調べるためには、さらなる研究が必要であると述べています。
これが自閉症によるものなのか、それとも他に原因となる要素があるのかは、この研究ではわかっていません。

いずれにしても、家族や医療関係者が、自閉症の女性の社会的場面における食事の困難について知り、考慮することで、快適に食事ができるように協力することは助けとなるはずです。

(出典:米moms)(画像:Pixabay

うちの子は重度の自閉症で知的障害もあります。

小さな頃は偏食でしたが、今では何でも食べてくれます。

むしろ、どこでもガツガツ、むしゃむしゃです。

知的レベルも大きく関係するはずです。

診断に使えるかもしれないほど多い、自閉症の子の食事の問題

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「そっと楽しんでるよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。