発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の少年は大好きな自然に助けられ、出版し受賞するまでに

time 2021/07/12

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症の少年は大好きな自然に助けられ、出版し受賞するまでに

苔の生えた岩から岩へと慎重に足を運びながら、ダラ・マカナルティは自然観察のルールを説明してくれます。

「カメラを持って行くと何も見られないし、見つけようと思っても絶対に見られない」

そう、北アイルランドの海岸沿いで言います。
彼の言葉はすぐに現実になりました。
マカナルティは、自宅近くの小道で地元の鳥の群れを紹介しようと思っていましたが、満潮時で波が岩に塩しぶきを上げていたため、鳥は見当たりません。

その代わりに、彼はしゃがんで岩場のプールを見つめ、最近の関心事であるエビを探した。
水面には海藻が揺れているが、海洋生物の気配は感じられません。
しかし、ふと、小さな動きに気がつきます。

「あ、エビちゃんがいる!
すごい。見える?見える?」

マカナルティは、体長1センチほどの半透明の生き物がプールを飛び回っているのを指差しました。
そして、エビの体の仕組みや食べものなどについて興奮気味に語り始めましたが、途中で止めました。

「すみません。生物学でエビの体の循環系に関するテストをやったばかりなんです」

17歳のマカナルティは、イギリスとアイルランドで最も評価の高いネイチャーライターの一人となりつつあります。
その著作には彼の情熱があふれています。
そして、マカナルティが自閉症であることもオープンにしています。

昨年、英国で出版され、先月、米国でも出版されたデビュー作『Diary of a Young Naturalist』は、英国最大のネイチャー・ライティングの賞であるWainwright Prizeを受賞しました。

b3-1 自閉症の少年は大好きな自然に助けられ、出版し受賞するまでに

レビューでは賞賛の声が寄せられています。
また、ネイチャー・ライター仲間のロバート・マクファーレンは、4年前にネットで初めてマカナルティの文章を目にして衝撃を受けたと語りました。
マカナルティの目を通して見ると、「これまでとは違った輝きを放つ」世界が見えてくるといいます。

「若い作家が若さゆえに受賞したのではないかと疑われるかもしれませんが、そうではありません。
彼は表現の達人なのです」

マカナルティは、物心ついたときから自然に取り憑かれていたと言います。

「弟や妹と一緒に、木に登ったり、ガサゴソしたり、普通の親が子どもにさせないようなことをして過ごしていました」

元音楽ジャーナリストの母と自然保護論者の父は、学校でいじめられても、マカナルティのその情熱を育みました。

マカナルティが自然について書くようになった理由は、自分が自閉症をかかえているためだと言います。

「そうしないと、すべてのことが脳の中で混乱して、脳にダメージを与えてしまうからです」

マクアナルティは12歳のときにブログを始めました。初期の投稿は、動物を紹介するシンプルなものでした。

14歳のときに、リトル・トラー社からウェブサイトに連載記事を書いてみないかと誘われ、書き始めてみると、自分の書いているものが本になることに気がつきました。

ブログには、自閉症がマカナルティの生活に与える影響についても率直に書かれています。

「タンポポは、私が世界の多くのものから自分を遠ざけていることを思い出させてくれます」

新居への引っ越しの準備をしていたときには、変化やお気に入りの風景を失うことへの思いに圧倒され、心が折れてしまいました。

「私は今、完全に水没しています」

そして、両親に植物を掘り起こして持ってくるように頼んでいました。

b2-1 自閉症の少年は大好きな自然に助けられ、出版し受賞するまでに

「私が出した本の文章のほとんどで、私は良い状態ではありませんでした。
当時は気づいていませんでした。
明かりを取り戻すまでは、どれほど暗いか気づかないものだと思います」

マカナルティは、つらい経験を書き残そうとは思っていませんでした。

「これはただの日記なんです。
もし、私の一部が欠けていたら、私は人間ではないと思われてしまうし、奇妙で気まずい感じがするでしょう。
自閉症であることを書かなければ、本の中の私の決断の半分は意味をなさないし、いじめられていたことを書かなければ気持ちも伝わりません」

この本は最終的には喜びを語っています。
マカナルティは協力的な学校に移ったことで、苦しみが和らいでいきました。

これから、マカナルティは、自然と神話を結びつけるためにアイルランドを放浪したことをテーマにした本を出版する予定です。

「私の人生から書くことがなくなることはありません。
書くことが私には必要なんです」

そして取材を受けた後は、いつも回復のための時間が必要になるとマカナルティは言います。

「自然の中に身を置くことで、私は助けられます」

(出典・画像:米The New York Times

大好きなことに出会い、そして出版されるまでになって、本当に素晴らしいです。

大好きなことを追求する。

そうすることに勇気を与えてくれます。

アートで活躍する自閉症の女性「誰も想像しなかったでしょう」

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「むしろよかったね、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。