発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害などを神経多様性/ニューロダイバーシティと考える功罪

time 2021/07/17

この記事は約 5 分で読めます。

発達障害などを神経多様性/ニューロダイバーシティと考える功罪

「神経多様性」「ニューロダイバーシティ」とは、コミュニケーション(自閉症)、読み書き(失読症)、計算(算数障害)、運動機能(失行症)、注意力(ADHD)などの複雑な状態を包括する言葉です。また、特定の精神疾患も含まれます。

ニューロダイバシティという概念は、主に自閉症支援運動に関わる人たちによって開発されたものです。
「障害」や同様に否定的な意味合いを持つ言葉よりも好ましいとされています。
教育的な背景を簡単に見る前に、政治的な側面もあることを認識しておく必要があります。

ある種の発達障害が病的であることを暗示すべきではないと主張する声が高まり、
その代わりに、社会的障壁を主な問題として捉える障害の社会的モデルを採用すべきであるという声が高まりました。
識字能力を重視する社会なので、ディスレクシアは「障害」とされるのです。

このような背景から、ニューロダイバシティという概念を用いて、「正しい」脳や心のタイプは存在しないという考えを示す人もいます。
性別や人種、文化に「正解」がないように、神経認知機能にも「正解」はありません。
言い換えれば、神経多様性のある人は障害者ではなく、単に違う人なのです。

d2-2 発達障害などを神経多様性/ニューロダイバーシティと考える功罪

心理学的には、神経多様性とは、個人の脳機能や行動特性の違いを、人間の正常な変化のスペクトルに属するものとして捉えようとするものです。(この考え方は、自閉症「スペクトラム」障害に由来しています)

私たちは皆、脳の構造上、特定の方法で機能する脳を持っています。
厳密に言えば、生きている人間は皆、脳の構造が異なるという意味で「神経多様性」を持っています。
しかし、「正常」とは、ある一定の集団(男性/女性、若者/老人など、任意のパラメータで定義できる)の平均値や標準値で決まるものです。

このような背景から、脳の異常な発達、つまり、ある期待される範囲外の発達について、さまざまな状態が考えられます。
例えば、失読症/ディスレクシアを考えてみましょう。
ディスレクシアは、音韻情報(読むために必要な情報)を処理する経路が異なるため、アルファベットの習得などが遅れてしまいます。
例えば、ワーキングメモリのテストではスコアが低く、推論能力ではスコアが高いということがあります。

自閉症やADHDなどについても「神経多様性」という言葉が使われていますが、その根底にはこのような脳機能の説明があることがわかります。
認知的プロセスの違いが、観察される行動の違いにつながるのです。
重要なのは、行動を変えることができないということではありません。
失読症の子どもに読み方を教えると、新しい技術を教えるのと同じように、脳の経路が変わります。

このような神経心理学的な説明はすべてのケースで可能ですが、診断の多くは、包括的な脳スキャンに基づいていません。
そのため、神経多様性を持つ人たちの神経学的な違いは、目に見えるものではなく、ケースバイケースで推測されることが非常に多いのです。

d3-2 発達障害などを神経多様性/ニューロダイバーシティと考える功罪

「障害者」というレッテルを貼らないようにするために「神経多様性」という言葉を使っても、役に立たないという意見もあります。
なぜなら、「神経多様性」の中には、機能的な読み書きができない、コミュニケーションがとれない、細かい動作ができない、注意が払えないなど、かなりの困難をともなうものがあるからです。

これらの症状が全くの良性であるかのように言うことは、こうした人たちが生きていく上で、時には深刻な結果をもたらすことを無視しています。

また、ニューロダイバーシティを提唱する人たちの中には、単に認知機能の障害や違いだけでなく、才能のある要素があると考える人たちもいます。
これにはいくつかの証拠がありますが(例えば、失読症の人は空間能力に優れているかもしれません)、ほとんどの研究では、「神経多様性」の人たちは、一般の人たちと同じように、非常に低い認知能力から非常に高い認知能力まで、幅広い能力を持っていることを示しています。

一方で、これまでの自閉症スペクトラムの考え方に戻ると、悲しいことに、重度の自閉症の人の多くは、(典型的な内向的でコミュニケーション能力のない科学者のような)「高機能」ではなく、重度の学習障害を抱え、専門の学校やケアを必要としているという事実があります。

d1-2 発達障害などを神経多様性/ニューロダイバーシティと考える功罪

「神経多様性」の背後にある善意の意図を認めることはできますが、失読症、難読症、自閉症など、私たちが利用できるさまざまな表現を含める方がはるかに役立つようです。

標準化されたテストで、他の人と比べて点数が悪い人がいれば、それは明らかに「違う」と言えるでしょう。
そしてそれは、学習障害の結果であるかもしれないという事実を直視したほうがいいのではないでしょうか?

また、最も重要なことは、そうしたラベルを用いることで、専門家による指導、クラスの適応、適切な期待など、正しい教育的対応を処方することもできるということです。

「神経多様性」という言葉は、あまりにも漠然としています。
心理的な異常から汚名を払おうとするあまり、診断されることによるメリットも取り除いてしまうのです。
単に「この人はちょっと変わっている」というだけでは、必要なサポートを受けることができなくなる可能性があります。

(出典:米BIG THINK)(画像:Pixabay

うちの子は重度の発達障害、知的障害でお話をすることもできません。

なので、ニューロダイバーシティとしてイメージする範囲には収まらないでしょう。

「障害者」であるから、さまざまな支援を受けることができています。

一方で、「ニューロダイバーシティ」の考え方が広がることで救われ、メリットう受ける方も多いと思います。

障害とニューロダイバーシティの考えは全く対立するものとは思いません。

発達障害当事者の私が思う「ニューロダイバーシティ」の問題点

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「けれどパパはうれしい、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。