発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の青年は、石鹸の会社を立ち上げ発達障害の人を雇用する

time 2021/08/05

この記事は約 3 分で読めます。

自閉症の青年は、石鹸の会社を立ち上げ発達障害の人を雇用する

10代の若者が、発達障害のある若者の就職を支援しています。
「ハンターズ・ホープ・ソープ」という自分の会社を通じて、発達障害の人をを支援することを誇りとしています。

米コロラドスプリングスに住むハンター・アベイタは18歳。
発達障害である自閉症と診断されています。
4年前に強い目的を持って石鹸を作り始めたのは、それだけが理由ではありません。

「とても楽しいです。
角型の石鹸を袋に入れて、計量カップに注いで、香りを選ぶんです
色を選んで、電子レンジで30秒チンして、かき混ぜて、いい香りがするのを確認して、それから型を選んで入れます」

そうアベイタは言います。

s4 自閉症の青年は、石鹸の会社を立ち上げ発達障害の人を雇用する s5 自閉症の青年は、石鹸の会社を立ち上げ発達障害の人を雇用する

母親のドーンと義理の姉であるアンバー・デトワイラーの助けを借りて、石鹸、キャンドル、バスボム、シュガースクリプトを作っています。
家族はもちろんのこと、友人たちにもそれらの製品は愛されています。

「アベイタはシュガースクラブを混ぜたり、香りをつけたり、ラベルを作るのを手伝ったりするのがとても好きです。
一緒に、興奮していました。
これはアベイタができることであり、機能的であり、職業技能や生活技能、運動技能の向上に役立つものです」

そう、デトワイラーは言います。
デトワイラーは、高校卒業後に障害を持つ若者が活躍できる場があまりないことに気づき、このビジネスを始めたと言います。

「私たちは、米コロラド州のコミュニティで障害のある若者に与えられている機会に満足していませんでした。
率直に言って、高校卒業後の支援は多くありません。
高校を卒業して大人になると、人生が少しずつ変わっていきます。
目的意識を持つことで、自分が大切な存在だと感じることができると思います」

s3 自閉症の青年は、石鹸の会社を立ち上げ発達障害の人を雇用する s2 自閉症の青年は、石鹸の会社を立ち上げ発達障害の人を雇用する s1 自閉症の青年は、石鹸の会社を立ち上げ発達障害の人を雇用する

昨年からビジネスが軌道に乗り始めると、アベイタは障害を持つ友人たちを招いて、日曜日に石鹸作りをするようになりました。

「子どもたちを助けたり、新しいことを学んだりするのはとても楽しいことです」

手作りの製品は、米コロラド州のさまざまな場所で販売されています。
ハンターズ・ホープがビジネスとして成長するにつれ、困難を抱える人たちのためにもっと多くの販売場所を作りたいと考えています。
そしていつの日か、実店舗をオープンし、特別なニーズを持つ若者がセラピストと一緒に商品を販売する仕事やお金の管理方法を学べるような1日プログラムを提供したいと考えています。
デトワイラーはこう言います。

「ハンターや彼の友人たちが、安全な環境でお金や友情、日常生活のスキルを身につけられるような、持続可能なビジネスに成長させたいと思っています」

(出典・画像:米KOAA

こうした場所、機会がますますできることを願っています。

うちの子も来年からは福祉施設で簡単な作業などを行います。

のんびり過ごしながらできそうです。

自閉症の人には働く機会だけでなく理解する人も。親が作った農園

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「すごく揺れてるぞ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。