発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

学校が閉鎖された自閉症の生徒の家に訪問する警察の取り組み

time 2021/08/24

この記事は約 2 分で読めます。

学校が閉鎖された自閉症の生徒の家に訪問する警察の取り組み

型コロナウィルス感染拡大のために、オーストラリアのシドニーにある特別支援学校が閉鎖されています。
オーストラリアのニューサウスウェールズ州警察は特別支援学校に通う、自閉症の8歳の少年のところを訪問しました。

木曜日にジャイアント・ステップス・シドニーに通うジェイミーのところに警察官が立ち寄りました。
新型コロナウィルス、福祉対応の取り組みの一環として豪ニューサウスウェールズ州警察の警官が学校閉鎖の影響を受けている複数の家族を見守る活動を続けています。

州警察がFacebookに投稿した記事には、ジェイミーは警察官の訪問を受けて「感激」したことが書かれています。
ジェイミーは安全な場所から、2人の警察官に仕事のことや、ドーナツが好きかどうかなど、たくさんの質問をしました。

その様子を撮影した写真の中には、少し開いた窓から警官を見ているジェイミーの姿や、手を振っている警官の姿もあります。

p2-3 学校が閉鎖された自閉症の生徒の家に訪問する警察の取り組み

この警察の取り組みは、Facebook上で大反響を呼び、1000人以上の人たちが警察の取り組みを賞賛しました。

「警察が子どもたち、特に自閉症スペクトラム障害(ASD)の子供たちをサポートしているのを見て、とても嬉しく思います。
混乱の中にもかかわらず、自閉症の子どもたちに素晴らしい思い出を提供しています」

そう書いている人もいます。
また、次のようなコメントもありました。

「特別支援を必要とする子どもたちにとって、このようなロックダウンが続く生活は十分に厳しいはずです。
警察の訪問を受けたジェイミーはさぞかし喜んだことでしょう」

「同じく自閉症の子どもを持つ母親として思います。
これは家族にとっては、本当に素晴らしい行為だと思います」

ニューサウスウェールズ州は、ロックダウンを9月末まで延長することを発表しました。
また、最も懸念されている地域の人たちは、午後9時から午前5時までの外出禁止令を遵守することが求められます。

(出典・画像:豪news.com.au

外出制限など「ロックダウン」が続くなか、大好きな子どもが多い警察官がわざわざ家まで来てくれて、お話してくれたりすることは子どもや家族を元気にしてくれているはずです。

素晴らしい取り組みだと思います。

発達障害の5歳の子どもにした行為で少年グループを警察が探す

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「音楽とねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。