発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の多くの特徴は予測能力の困難が原因。親の私もそう思う

time 2021/08/25

この記事は約 6 分で読めます。

自閉症の多くの特徴は予測能力の困難が原因。親の私もそう思う

自閉症について考えるとき、私たちは、コミュニケーションや友だち作り、共感を示すことが難しいという社会的な課題に注目しがちです。
私は遺伝学者で、自閉症の10代の男の子の母親です。
私も、息子が買い物などの基本的なことをするための会話能力を身につけられるかどうか、本当の友だちができるかどうかを最も心配しています。

しかし、自閉症の非社会的な特徴はふだんの生活の中にもっとも現れます。
つまり、同じものへの強いこだわり、感覚的な刺激に対する非典型的な反応、細かいものを見分ける驚くべき能力などです。

自閉症のすべての症状を総合的に説明しようとする試みは数多くなされてきましたが、自閉症の不可解で多様な特徴のすべてを説明できる理論はまだ存在しません。

しかし現在、自閉症スペクトラム障害(ASD)に見られる多くの特徴は、予測能力の障害によって中心的に説明できるのではないかと考える神経認知科学者が増えており、この仮説の検証が始まっています。

m2-1 自閉症の多くの特徴は予測能力の困難が原因。親の私もそう思う

人間の脳は、現状と過去の経験から得られた記憶に基づいて、次に何が起こるかを判断しています。
しかし、ASDの人たちには、予測能力を阻害するような違いがあるのではないかと科学者たちは考えています。

自閉症の人は予測ができないのではなく、世界を「正確に」認識するために、予測に問題があるのです。
彼らの予測は、過去の経験からの影響が少なく、その瞬間に経験していることからの影響が大きくなっています。
つまり、自閉症の人たちは「今」を強調しすぎてしまうのです。

ある出来事とその結果の関連性が非常に明確な場合、ASDの人はそれを学ぶことができます。
しかし、現実の世界は複雑に変化し続ける環境であり、偶然や例外がそれほど明確でないこともあります。

自閉症の人の多くは、認識することが多すぎて、まわりの環境が複雑になってしまいます。
どの手掛かりが最も重要なのかを理解することが困難になっています。

5年前、サイモンズ財団の自閉症研究イニシアチブは、SPARK(Simons Powering Autism Research for Knowledge)を立ち上げ、何十万人もの自閉症患者とその家族に研究に参加してもらうことで、ビッグデータの力を活用することにしました。
参加者が増えれば増えるほど、これらのデータセットはより深く、より豊かになり、生物学と行動学の両方に関する知識を拡大して、医学的および行動学的な問題に対するより正確なアプローチを開発するための研究を促進します。
現在も、SPARKの参加者を募集しており、予測の直接観察可能な側面をより詳しく研究しています。
「先行する事象とその結果の関連性を学習する能力」と「予測可能な事象に対する反応」の2つについてです。

マサチューセッツ工科大学(MIT)のパワン・シンハは、ASDの人がメトロノームで演奏される規則性の高い音の並びに対する反応が、ASDでない人とは大きく異なるという研究結果を最近発表しました。

ASDでない人は規則的な音の並びに「慣れる」のに対し、ASDの人は時間をかけても音に慣れません。
むしろ、数分後に音を聞いたときの反応は、最初に再生したときと同じようにしっかりとしたものでした。

シンハ教授らは、SPARKの強力なデジタルプラットフォームを利用して、より多くの自閉症患者を対象に、同様の実験をオンラインで行うことができました。

研究者らが認めているように、自閉症の人における慣れの低下と現実世界の課題との関連性はまだ明らかになっていません。

今後、より多くの人を対象に、より自然な状況で予測のさまざまな側面をテストすることで、この知識のギャップを解消することができるでしょう。
最終的には、自閉症の認知プロセスをより深く理解することで、例えば、予測スタイルが異なる個人に合わせて、予測に基づく療育を行うことができるようになるかもしれません。

m3-1 自閉症の多くの特徴は予測能力の困難が原因。親の私もそう思う

10代の子どもを持つ親にはそれぞれ課題がありますが、私の場合、息子が誰かの反応を引き出すような行動を取ることを本当に楽しんでいるように見えることが、現在の気がかりです。

これらの「習慣」の中には、小さな結果をもたらすものもあります。
例えば、息子は石鹸や洗剤、食用油などのボトルを丸ごと空けるのが好きです。
また、窓から物を投げるのも好きです。
犬の散歩をしていて、家の屋根の上にパンツが落ちているのに気づいたことも何度かあります。

残ったオリーブオイルを排水溝に捨てることで得られる満足感は否定できませんが、息子がこれらのことをする理由を完全に理解することはできません。
しかし、息子はこれらの行動が私から予測可能な反応を引き出すことを知っているからではないかと強く感じています。
私が反応すればするほど、息子はこのような行動をとるようになることを学んだのです。

だから今では、洗濯室に空の洗剤ボトルがあっても、ボウルの中にトイレットペーパーが丸ごと入っていても、気にしないようにしました。

息子の最も問題だと思う行動のひとつに、犬の尻を触るというものがあります。
息子はこれをしてはいけないことを知っています。
誰かが声を上げて「手を洗いなさい」と言うかもしれないことも知っています。
もし息子の予測能力が損なわれているのであれば、予測可能な反応を引き出すようなことをすれば、満足するに違いないと考えるのが自然です。

息子の行動を説明するための科学的な枠組みを持つことは、息子の行動に対処するのに役立ちます。

さらに言えば、理解が深まることで、息子への共感が増し、息子の行動をより明確に他人に説明できるようになり、強く反応しないように心がけることができます。

m4 自閉症の多くの特徴は予測能力の困難が原因。親の私もそう思う

科学者たちはSPARKを使って、言語を含む自閉症の予測の他の側面もテストしています。
米ハーバード大学の科学者ジェッセ・スニデカーは、SPARKの参加者を募集して、自閉症の子どもが単純な文章の自然言語理解の際に正確な予測をする可能性が低いかどうかを検証しています。
この実験では、自閉症の子どもたちが、物語や会話を聞いたときに、言語的な文脈を利用して次の単語を予測する能力に違いがあるかどうかを調べます。
この結果は、自閉症患者の予測能力の低下が、より広範な領域に及んでいるのか、それとも異なる領域に特化しているのかを研究者が知る助けとなるでしょう。

親として、また研究者として、私のような母親、息子ディランのような子ども、そして私のような家族が助かることが最大の望みです。

自閉症を理解するための課題は山積していますが、自閉症の人の予測パターンをより深く理解することで、研究者も家族も、自閉症の特徴である多くの「なぜ」を理解することができるようになるはずです。

(出典:米SCIENTIFIC AMERICAN)(画像:Pixabay

うちの子は、家の中のものをいろいろ持っては歩き、そしてとんでもないところへ置いてきて、そんなことを1日中しています。

そのたびに、もとのところへ戻すように叱ります。

何度叱ってもそれは止みません。

そんなふうに考えたことがありませんでしたが、予測できる私の反応を楽しんでいるのかもしれません。

自閉症の子どもたちは次に起きることを予測するのが困難。研究

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「生きててよかった、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。