発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

「礼儀正しい」それは発達障害でない人たちの間だけの期待値

time 2021/09/21

この記事は約 5 分で読めます。

「礼儀正しい」それは発達障害でない人たちの間だけの期待値

何でも言うイーロン・マスクは、その大胆で傲慢なスタイルで嫌われていると同時に尊敬もされています。
昨春の『サタデー・ナイト・ライブ』への出演は、彼をより深く理解するための貴重な機会となりました。

マスクは冒頭の独白で、自分がアスペルガー症候群であることを明かしました。

アスペルガー症候群とは、社会性やコミュニケーション能力に影響を与える発達障害です。
自閉症スペクトラムに属するこの症状を持つ人は、一般的に高機能で、優れた知性を持ち、こだわりを持って研究を行う傾向があるといわれています。

社会的には、これはマスクもよく指摘されることだと思いますが、アスペルガーの特徴には、正直であること、感情的な問題を理解できないこと、感覚的な刺激に対する異常な反応などがあります。
これらの特性のいくつかは、彼の欠点と思われている部分を表しています。
マスクは独白の中で、イントネーションの欠如やアイコンタクトが取れないことに言及しています。

私は10年半にわたり、クライアントにトーンや人の目を見ることの重要性を教えてきました。

r3 「礼儀正しい」それは発達障害でない人たちの間だけの期待値

私はこれまでの研究と個人的な経験から、異文化のニュアンスに配慮したアメリカ特有のエチケットを伝えると同時に、性別代名詞、性的指向、障害の有無など、多様で包括的なトピックを扱うように努めてきました。
私の家族には、脳性麻痺、アルツハイマー、ダウン症、そして80代から100代の高齢者がいます。
一人ひとりが異なるニーズを持っています。

このような環境に身を置いたことで、他者に対する繊細な意識が芽生え、私のキャリアパスにも影響を与えたのだと思います。
エチケットの本質が、出会う人や場所に合わせて自分の行動を調整することであるならば、繊細さ、柔軟性、そして感受性は、自分のもつスキルのなかで重要なものとなります。

しかし最近、小学校時代の友人の一人が、私が人に優しくないことを親切に教えてくれました。

「自閉症やその他の神経多様性を持つ多くの人たちにとって、あなたが奨励するエチケットのルールはひどく疲れさせるし、面倒くさいもの」

私は世間から批判を受けることもあります。
しかし、かつて一緒にお泊り会をしていた人から、もらったこの言葉は、深く突き刺さりました。

「あなたは気づいていないかもしれない。
あなたが言う、礼儀正しい社会的行動、それへの期待値は、発達障害などでない人たちのものです。

だからこそ、私の子どもには通用しません。
これからも通用することはないでしょう。

自閉症であるがゆえに、社会規範の複雑なルールに従うことができないために、
私の娘はしばしば『無礼な人』というレッテルを貼られてしまう。

しかし、それは娘の真実からはかけ離れています」

r2 「礼儀正しい」それは発達障害でない人たちの間だけの期待値

確かにその通りです。
エチケットは時代とともに変化しなければなりません。
私が明らかに時代に合わせなければなりませんでした。

今まで考えていなかったないテーマだったので、学ぶべきことがたくさんあると思いました。
分子生物学者である友人からメールで送られてきた論文を何度も読んだ上で、数時間後には、地元の自閉症センターでインタビューもお願いしました。

今年の初めにオープンしたこの自閉症センターは、2歳から10歳までの子どもたちに個別の療育プログラムを提供しています。
ここでは、応用行動分析法を用いて療育が行われています。
コミュニケーションやソーシャルスキルのトレーニングは、共同セッションで行われます。

私が到着してから、何人かの若い生徒が私の目を見て、挨拶をし、微笑んでいました。

自閉症スペクトラムと診断された人にとって、目を見て話すことや世間話をすることは不快なことだと思いますが、彼らが私に接してくれたことに感激しました。

そのセンターの共同ディレクターのトパとシェーン・オーガスティンは、子どもたちが公立学校にスムーズに移行できるよう、幼い頃から社会性を高めることが目標のひとつだと言いました。

行動療法では、挨拶、自己紹介、質問、アイコンタクトなどを個別に行い、段階的にステップを踏んでいきます。また、言葉の発達に合わせて「お願いします」という言葉も教えます。

早期の療育が重要です。
センターでは、その成果に大きな期待を寄せています。
生徒は通常の学校生活と同じ時間、感覚を刺激する活動に臨みます。

礼儀作法に関しては、神経多様体の人もそうでない人も、それぞれの環境に合わせて行動を調整する必要があります。

しかし、エチケットについての非難は、多くが自閉症の人の責任とされてしまっています。

発達障害の人は、そうでない人たちの世界のルールや期待に応えるために、本来の自分を社会的にどれほどカムフラージュしているのかを考えなければなりません。

(出典:米SANTA FE NEW MEXICAN)(画像:Pixabay

礼儀作法。そこでのルール、マナー、エチケット。

それに合わせることが、どうしても困難な人がいます。

反射的に注意や非難、排除する前に、そこ、それが存在する一番の目的、そこでそのルールができた理由、そして困難な人がいることを考えてもらえればと思います。

しかし、それでもダメなら、やはりそれはダメで。

障害があるから、マイノリティだから、でいつも「特別な」結論ありきの要求には全く賛同しません。

そもそも、誰しもみんな一人ひとり違って、特別で多様なために、求められて作られてきたのが、礼儀作法やルールですから。

私もそういうのは苦手だったりしますけれど。

自閉症の人のコミュニケーション困難は自閉症でない人にも原因

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「プレゼントとねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。