発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子はバイリンガルになることが得意、活かすべき。研究

time 2021/11/22

この記事は約 5 分で読めます。

自閉症の子はバイリンガルになることが得意、活かすべき。研究

自閉症の子は2つの言語を簡単に学ぶことができ、さらにそれが人生を豊かにする可能性があるという新しい研究結果が発表されました。

自閉症の子どもを持つ親は、日常的に、子供が1つの言語しか話せないように育てることを勧められています。
そのため、子どもにヘブライ語を知ってほしいと願うユダヤ人の家族にとっては、問題となっていました。
そうした、家族の朗報になります。

“Journal of Autism and Developmental Disorders”誌に掲載された英ケンブリッジ大学の研究によれば、自閉症の子どもの多くは2つの言語を問題なく習得できるだけでなく、バイリンガルであることが彼らの人生を決定的に豊かにすることが明らかになりました。

ケンブリッジ大学教育学部でこの研究を主導した、オックスフォード大学精神科の博士研究員であるデビッド・アリエル・シャーがこの研究の著者です。

この研究は、英国内の22人の親と31人の実務者への書面と口頭によるインタビューに基づいており、あらゆる宗派の168人のユダヤ人の子どもたちの経験を反映しています。
シャーはこう言います。

「家族や文化がバイリンガルであるにもかかわらず、子どもたちが第二言語の能力を身につけることを妨げられると、重要な経験を逃してしまうことになります。

自閉症の子供に第二の言語を教えることが有害であるという証拠はありませんが、自閉症の子どもを混乱させ、英語の習得を妨げてしまうという考えが蔓延しているようです。
これは、ユダヤ人の子どもたちがヘブライ語を多用してコミュニティや家族の生活に参加しているという事実を見落としています。
自閉症の子どもたちにとって、そのような機会は非常に重要なのです」

l2 自閉症の子はバイリンガルになることが得意、活かすべき。研究

これまで親は、自閉症の専門家の指示に従うことと、自分の子どもにヘブライ語を学ばせて家庭内でヘブライ語が話されていることを理解させたいという自分の願いとで悩まなければならなかったといいます。

自閉症の専門家は、自閉症の子どもは言語を学ぶのが難しいと考え、両親にバイリンガルになる能力はないと言う傾向がありました。
この考えは、経験的な証拠ではなく、誤った「論理」や「直感」に基づいていました。
そのため、親たちは、自分たちの文化遺産を受け継ぐか、自閉症の子どもとして英語だけ学ばせるか、苦渋の選択を迫られたのです。

「英語の自閉症についての学術文献には、自閉症とユダヤ人コミュニティに関するものがほとんどないことに気づき、イギリスのユダヤ人コミュニティでこの問題を探ってみようと思いました」

調査の結果、ユダヤ人の親や実践者は、自閉症の子どもの言語学習を制限する理由はないと考えていることがわかった。
それどころか、多くの自閉症の子どもは2つの言語を学ぶことが得意であることがわかりました。

おそらく最も興味深い発見は、すべてのユダヤ人の自閉症の子どもは多く、言語関連の課題において自閉症でない子どもよりも優れたパフォーマンスを示したことです。

研究によると、2つの言語を知っていることは認知的なメリットがあることが多く、バイリンガルの自閉症の子どもの中には、1つの言語しか話せない自閉症の子どもに比べて、より効果的なコミュニケーションをとっている子もいました。
今回の研究は、バイリンガルの自閉症の子どもは、1つの言語しか話さない自閉症の子どもに比べて、言語発達の遅れがないことを示す文献が増えていることも補完します。

この研究は多くの家族が長い間知っていたこと、つまり自閉症の人の多くは素晴らしい記憶力を持ち、言語を学ぶために必要なスキルに興味を持ち、熟達していることを裏付けています。

l3_ 自閉症の子はバイリンガルになることが得意、活かすべき。研究

この研究は、自閉症の子どもは2つの言語を学ぶことができないと主張する、バイリンガルに同情的でない他の研究となぜ違うのかと疑問に思う人もいるでしょう。

シャーによれば、今回の研究でインタビューを受けた実践者の多くはユダヤ人のバックグラウンドを持ち、英国のユダヤ人家庭としてヘブライ語が重要であることを理解していたという。

「このように、言語が共通の文化に関連している場合には、バイリンガルに対するより大きな共感と理解があったと思われます」

シャーは、自閉症の子どもの中には1つの言語だけでもコミュニケーションを学ぶことが難しい子どももいるといいます。そのような子どもに無理にバイリンガルになることを勧めるべきではないと述べています。

今後は、この研究をさらに発展させ、より多くの家族やさまざまな方法を取り入れるとともに、ユダヤ人コミュニティ以外で言語を学ぶ自閉症の子どもについても調査する予定です。

「この研究は、二ヶ国語で子供を育てたいと思っているすべての地域のすべての家族にとって、大きな意味を持っています」

また研究を発展させるためには、できるだけ子どもたちからのフィードバックを得ることが必要です。

「自閉症の子どもたち自身の声を聞きたいのです。
自分を完全に表現できる自閉症の子どもの多くは、2つの言語を話すことがどれほど楽しいかを語ってくれました。
ある子どもは、ヘブライ語を知っていると、神様と会話する力がつくんだと言っていました。
そのように子どもたちに力を与え、誇りも持たせていたのです」

(出典:イスラエルTHE JERUSALEM POST)(画像:Pixabay

間違った思い込みによって、素晴らしい可能性を制限してしまうようなことは絶対に避けたいものです。

適切な支援、可能性を正しく理解することにつながる、こうした研究がますます進むことを期待しています。

バイリンガルの発達障害の子どもは作業の切り替えがうまくできる

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「わたしゃ悲しいよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。