発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

怒鳴らない。自閉症の子どもの感情に対処する親へのアドバイス

time 2022/01/01

この記事は約 5 分で読めます。

怒鳴らない。自閉症の子どもの感情に対処する親へのアドバイス

高機能自閉症とは、自閉症スペクトラムの中でも、介助なしで日常の用事を済ませることができる人のことを指す言葉です。
また、機能的なコミュニケーションや高い認知機能を有しています。

高機能自閉症に悩む人たちは、いろいろなことに対処しなければならないかもしれません。
この状態は、彼らが不機嫌になり、怒りの問題を生む可能性があります。
そのため、それを管理するのを助けることは重要です。

彼らの怒りや感情を管理するために使える実用的な方法をいくつか紹介します。

子どもの怒りを和らげる最善の方法のひとつは、怒りや不快感の原因を突き止めることです。
その原因に対処できれば、怒りに対処したことになります。
問題は、子どもが自分の欲求や感情を表現するのが難しいことです。
したがって、問題の根源にたどり着くためには、非常に高いレベルの忍耐力が求められます。

怒鳴りたいという誘惑に負けないでください。
おもちゃがないのか、それとも他のものなのか、どうしたのか、何が欲しいのかを優しく聞いてあげましょう。
特定の時間帯や場所で起こる癇癪は、それが引き金になっている可能性があります。

a1-1 怒鳴らない。自閉症の子どもの感情に対処する親へのアドバイス

怒っている子どもが自分の感情をうまく表現できない場合、コミュニケーションの方法を工夫する必要があります。
例えば、感情、起こりうるきっかけ、効果などを視覚的に表現したボードなどを使用するのが良い例です。
怒りの原因となっているものを特定したら、それに応じて状況に対処することができます。

ときには、何をやっても怒りが収まらないことがあります。
そうしたときは他人や自分を傷つけることのない安全な環境で、怒りを表現させる必要があります。

また、枕のような柔らかいものをパンチングバッグとして使ったり、枕に向かって叫んだりして、イライラを方向転換させる方法を教えてあげることもよいでしょう。
また、クリエイティブになることもできます。
遠回しになりますが、アートで怒りを表現する方法を教えるのです。
また、日記に自分の気持ちを書き留めることを教えるのもよいでしょう。

お子さんが怒りを方向転換させるもうひとつの優れた方法は、そのエネルギーを運動することに費やすことです。
水泳、ジョギング、ボクシングなど、その子の最も楽しいと思う運動を特定してあげましょう。
運動は頭をすっきりさせるだけでなく、幸福感ももたらします。

不安なときに握ったり押したりできる小さなおもちゃを与えることも、不安が暴発につながらないようにするためにとても有効です。
これらのおもちゃは、子どもたちを夢中にさせます。伸縮性のあるリンゴ、鉛筆、噛むおもちゃ、感覚を刺激するフィジェット、心配を解消するクッション、コミュニケーションキーホルダーなど、さまざまなおもちゃを用意することができます。

自閉症の子どものケアにとても重要なポイントは、物理的な暴力は深刻な意味を持つことを知ってもらうことです。
それは、子ども自身、愛する人、ペットに危害を加えることになるのだと、さらに深刻な問題になっていくことを。
このような行動は許されるものではなく、注意を怠れば、その行動は犯罪にさえつながることを、子どもに伝えてください。

あなたの子どもがそれほど「暴力的」であるなら、助けを求めてください。
万が一、暴発があり、子どもをコントロールできない場合は、すぐに助けを求めてください。

高機能自閉症に悩む人の中には、自分が他人から理解されていると感じることが難しい人もいます。
また、他の人の表情やボディランゲージを理解するのに苦労することもあります。
それは、多くの不安やフラストレーションにつながるかもしれません。
こうして、彼らは苦痛を感じるようになってしまいます。

短い文章で正確に話すことをお勧めします。
自閉症の人は、視覚情報を処理するのに優れていることが多くあります。
相互作用を容易にするために、視覚的なストレススケールを使用して、コミュニケーションすることもできるでしょう。

子どもであれ大人であれ、「お決まり」を作ることは、怒りの反応や不安を軽減するのに役立ちます。
もしあなたのお子さんが苦しんでいるのなら、明確な日課を与えてあげてください。
日常生活で何が期待できるかを確認する。
また、視覚的なサポートや時間割を利用したり、読書、絵画、運動などのリラックスできる活動を取り入れると、より快適に過ごすことができます。

自閉症をかかえている人は、感情のような抽象的な概念を理解することが簡単ではありません。
それに対する、最も簡単な方法の1つが、ストレススケールを使うことです。
ストレススケールを使うことで、嬉しい、悲しいなど、さまざまな感情を識別できるようにすることができます。いくつかの感情を教えるために、信号機、映画や絵で感情を表現するなどの方法を採用することもできます。
多くの視覚的な動画や、その他の表現が、さまざまな種類の感情を学ばせるのに役立つかもしれません。

a3-1 怒鳴らない。自閉症の子どもの感情に対処する親へのアドバイス

高機能自閉症と怒りに苦しむ人々は、特に彼らの怒りを扇動する状況では、落ち着くためにいくつかのスペースが必要です。
最も快適に感じるスペースで、一人になれる時間が必要です。

遠くから見守ってあげるのもいいでしょう。
あなたを必要とするときは、あなたがそこにいることを確認してください。
相手が「一緒にいてほしい」と言ったら、そばにいて、ストレス解消になるような方法で、たまった怒りを発散させる手助けをしてあげましょう。
例えば、外を散歩したり、パンチングバッグを与えたりして、イライラを発散させるのです。

高機能自閉症の人は、いじめられたり、不穏な過去があったりするケースが多いようです。
相手の過去を知り、何らかの形でいじめられたり、支配されたりしていなかったかどうかを調べることもお勧めします。

自閉症の人は、他の人よりもいじめられやすいといわれています。
いじめられることがどれほど深刻なことであるか、人々はしばしば気づいていません。
そのいじめられたという思いが、悩ましい行動につながるのです。

何よりも、自閉症で苦しんでいる人々に対して共感的であるよう心がけてください。
何があっても、助けるために常にそこにいることを共有してください。

(出典:米GILMORE HEALTH NEWS)(画像:Pixabay

うちの子がどうして泣いているのか、落ち着けなくなっているのか、わからないことがよくあります。

ずっと一緒にいるのに。

後になってから、きっとこれだったのだろうと思うときもありますけれど。

そんなときには、まず平穏にして横にいるようにしています。

奇妙に見える指先を動かす行動は、自閉症の人の環境への対処法

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「もう大きくなったからね、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。