発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子ども、そして親もつながるゲームで遊ぶ機会を提供

time 2022/01/07

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の子ども、そして親もつながるゲームで遊ぶ機会を提供

ビデオゲームの力を使って、異なる世界を見る特別な子どもたちを結びつける取り組みが行われています。

Red River Valley Asperger’s Autism Networkは、自閉症スペクトラムの子どもたちを支援する非営利団体です。

共同創設者のカシディー・シナーゼはこう言います。

「とくに自閉症の才能を持つ子どもたちは、物事のいくつかにすごく集中します。
そこで、私たちはそうやってビデオゲームをプレイできる機会を提供することを考えました」

g3 自閉症の子ども、そして親もつながるゲームで遊ぶ機会を提供 g5 自閉症の子ども、そして親もつながるゲームで遊ぶ機会を提供 g6 自閉症の子ども、そして親もつながるゲームで遊ぶ機会を提供

「自閉症スペクトラムの人とその親をサポートの機会ともなります。

人生の見方や自分を受け入れる方法を教えています。
自閉症であることは、人前で目立つことが多く難しいのですが、それは私たちのあり方が原因なのです。
私たち仲間は、互いに支え合い、互いに学び合うことが大切です」

そう、副代表のブレア・ヒルは言います。

毎月第1、第3月曜日に、ゲーム・オンというイベントを行っています。
自閉症の人たちは無料で参加でき、友だちと遊んだり、自分らしくいられる安全な場所になっています。

g2 自閉症の子ども、そして親もつながるゲームで遊ぶ機会を提供 g1 自閉症の子ども、そして親もつながるゲームで遊ぶ機会を提供

「ポケモンをつくったのは、実際に自閉症の人なんです。
ビデオゲームは、多くの平等な場を提供するだけでなく、さまざまなストーリーや、ビデオゲームの中で生きることができます。

そこでは、ありのままの自分を受け入れてくれる友人やコミュニティを見つけることが大切です」

そう、ヒルは語っています。

(出典・画像:米KVRR

大好きなゲームを介して、自閉症の子と他の子、そして親もつながっていく場所に、たしかになりそうですね。

発達障害の子と家族に喜ばれるVRゲームセンターでの取り組み

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「寝てくれ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。