発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

知的障害の人が大学の生徒に。米カリフォルニア大学の取り組み

time 2022/02/09

この記事は約 8 分で読めます。

知的障害の人が大学の生徒に。米カリフォルニア大学の取り組み

米カリフォルニア大学デービス校の寮に引っ越したライアン・フィッチはギターを持ってきました。
ライアンはミュージシャンであり、アマチュア写真家であり、バンドマネージャーを目指しています。
19歳の社交的で笑顔の絶えないダウン症の青年です。
ダウン症は、発達の遅れや知的障害、身体的な問題を引き起こす可能性のある遺伝的疾患です。

ライアンは、レッドウッドSEED(Supported Education to Elevate Diversity)奨学生の第一期生です。
それは、米カリフォルニア州で初めて、知的障害をかかえる学生のための大学キャンパスでの4年間の寮制プログラムです。
学士号を取得する代わりに、就職の準備をしながら実用的な資格の取得を目指します。

c7 知的障害の人が大学の生徒に。米カリフォルニア大学の取り組み c2-1 知的障害の人が大学の生徒に。米カリフォルニア大学の取り組み

9名の奨学生の多くは、ダウン症や自閉症スペクトラムを有しています。
全員が知的障害を持ち、従来の大学では進学は不可能でした。
ほとんどの奨学生が、これまでほとんど家から出たこともありませんでした。
ライアンは、人生の大きな変化を冷静に受け止めています。

「ここにはもう友達がいるんだ」

ライアンは簡単に友達を作ることができます。
引っ越しを手伝った姉のジョーダンによれば、ライアンはいつも自分のバンドに参加するように誘います。

「生活の中でライアンと出会ったら、バンドに参加するようなものなんです。
音楽の話じゃなくて、比喩なんです」

レッドウッドSEED奨学金プログラムの核心は、「所属」です。
それは、多様性、公平性、包括性の原則と、知的障害のある学生もキャンパスにいるのが当然だという考えに基づくものです。
知的障害のある学生にとって、大学進学の選択肢は非常に限られており、4年制の全寮制プログラムは全米でもほんの一握りで、カリフォルニア州では他にありません。

この新しいプログラムは、発達障害の研究と治療を専門とするUC Davis MIND研究所と、UC Davis Diversity, Equity and Inclusion Officeによって作られたものです。
MIND研究所の所長であるレナード・アベドゥトとともに、プログラムの共同ディレクターを務める教育学部のベス・フォレイカーは、このプログラムの構想についてこう述べています。

「知的障害のある成人のうち、生活費を稼いでいるのはわずか3パーセントです。
つまり、私たちの州の知的障害の成人の97%は、社会的に孤立し、貧困の中にいるのです。
それは許されることではありません。
私たちは皆、もっと対応しなければならないのに、今はそうなっていないのです。
私たちは、レッドウッドSEEDのような包括的な中等後教育プログラムを実施することで、その数が3パーセントからもっと大きな数字になると考えています」

c6 知的障害の人が大学の生徒に。米カリフォルニア大学の取り組み

フォレイカーは、インクルージョンは共生であり、その恩恵は奨学生だけにとどまらないと指摘します。

「なぜなら、学位取得を目的とした学生は、学業に忙殺される可能性があるからです。
でも、知的障害のある人と一緒に生活すると、すべてが変わってきます。
その影響力が重要なのです。
キャンパスを変えることができるのです」

この変革がカリフォルニア大学デイビス校に限定されないことを望んでいます。
目標は、他のカリフォルニア大学のキャンパスや公立大学が採用できるようなフレームワークを作ることです。
アベドゥトはこう言います。

「カリフォルニア大学デイビス校で出会った全員が、このプログラムへのサポートと興奮に満ちていたからです。
他のカリフォルニア大学のキャンパスや他の州立大学も同じようにサポートしてくれることを願っています」

23歳のソフィー・ハワースは、レッドウッドSEEDで入学する前から、自分が進みたい職業が決まっていました。

「人前で話すのが好きなんです」

ハワースは、自信に満ちていて、親しみやすい人です。
スペシャルオリンピックスのグローバルアンバサダーとして、人前で話してきた経験もあります。
彼女は以前コミュニティカレッジに通っており、学校にカラオケマシンを持ち込むほど歌とダンスが大好きです。

c4 知的障害の人が大学の生徒に。米カリフォルニア大学の取り組み

ハワースと他の奨学生の典型的な1週間には、このプログラムのために作られた、読み書き、数学と予算、性の健康、自己規制、公民、コミュニケーションとテクノロジーの6つの基礎コースがあります。そのうちのいくつかは、従来のコースも教えているカリフォルニア大学デービス校の通常の教員が担当しています。
その他の講師には、サクラメント郡教育局の専門家、カリフォルニア大学デービス校保健局の博士研究員、カリフォルニア州公正雇用・住宅局の弁護士、元小学校教師などがいて、このレッドウッドSEEDのコースのためだけにキャンパスに滞在しています。

ハワースは、数学が心配でした。

「数学は苦手なので、とても不安です」

そう、9月の入学時には話していました。
しかし、今では数学は、識字能力と並んで、彼女の好きな授業の一つになっています。
寮についても、

「寮での生活が好きです。幸せです。
友達と一緒にいるのも好きだし、買い物に行ったり、誕生日パーティーを企画したりと、楽しいことをしています」

授業だけでなく、奨学生たちはインターンシップも行います。
州議会議事堂を含む学内外の組織や企業が、奨学生を受け入れることに同意しています。
目標は、生活費に充てることです。

「私たちは、機会のはしごを作ったのです。
例えば、動物に興味があるとしたら、学内の羊、牛、ヤギの飼育場や馬術センターで働き、楽しければ、デイヴィス市内の馬小屋で働くこともできます。
交通手段や食事の計画、1日の過ごし方などを徐々に学び、4年後には週に3〜4日、フルタイムで働けるようになるはずです」

そう、フォレイカーは説明します。

c3-1 知的障害の人が大学の生徒に。米カリフォルニア大学の取り組み

「彼らはコーヒーを飲み、昼寝をし、深夜にターゲットランをしている。
他の大学生と同じです」

そう、自己調整コースを教えているジョナサン・ビストリンスキーは言います。
彼はMIND研究所の発達行動小児科の臨床心理学博士研究員で、トラウマ、障害、正義の交わりを研究しています。

「学生たちは、大学という未知の世界で、しかも非常に新しいプログラムで、創造性と勇気を発揮してくれています。
彼らは、私が教える内容だけでなく、講師としての在り方についても新しいことを教えてくれました。
生徒たちの努力と、彼らが目指す未来に恩義を感じています」

レッドウッドSEED奨学生チームは、幅広いサポートネットワークをもっています。
その中には、約40人のピアメンターが含まれ、学生の学業、社会、住居、健康、福祉のニーズに応えています。
メンターには、カリフォルニア大学デービス校医学部を含み、さまざまな専攻の学生がいます。

エリザベス・トゥーミーは英語専攻で、今春卒業予定です。
ベス・フォレイカーが教える知的障害者の味方になるためのセミナーを受講し、メンターに登録しました。

「教育政策や教育の公平性を高めるような仕事に就きたいんです」

朝と晩に一度ずつ、トゥーミーか他のメンターが、知的障害の学生たちの各部屋を訪れ、様子を見ます。
一緒に食事をしたり、散歩をしたり、近況を話したりします。
また、ボーリング、スポーツイベント、工作など、定期的な社交行事もあります。
トゥーミーは、この体験がすでに自分に大きな影響を与えていると言います。

「私の中にあった情熱に火をつけてくれました。
多様性、公平性、包括性は、人種や性別だけでなく、知的障害や身体障害など、あらゆるタイプの人々を含む必要があるのです」

トーニャ・ピアギースは発達心理学の博士課程1年生で、MIND研究所で自閉症やADHDの可能性が高い子どもたちの社会的コミュニケーションと自己規制の発達について研究しています。
ピアギースは、毎週異なる奨学生と会って活動を行い、日々の習慣やそれがどのように健康全般に影響を与えるかについて話をする、健康・福祉についての先生です。
数カ月前の夕食時のエピソードを紹介しながら、どの学生とも素敵な時間を過ごしていますよと彼女は語ります。

ある奨学生が、プログラムに参加していない学生たちとのテーブルを希望したところ、他の学生たちが即座にその奨学生を歓迎し、会話に加えてくれました。

「その結果、その学生はその週末に開かれる懇親会に招待されたのです。
このように、受け入れられ、溶け込むことが容易にできたことは、機会があれば、学生は高等教育機関に所属し、成長することができるということの証です」

これが彼女の原動力の一例です。

「メンター たちは皆、将来の仕事に就き、そこのシステムを変えていくのです。
医学部の2年生がメンターになっています。
彼女が医者になった姿を想像してみてください。

バスの運転手もメンターですし、バレーボールのコーチも、選手全員に私のメンターセミナーを受けさせたいと言ってくれています。
そうやって社会を変えていくことで、今は見えない存在であっても、見える存在になることができるのです」

c5-1 知的障害の人が大学の生徒に。米カリフォルニア大学の取り組み

自己規制を指導するビストリンスキーもこのレッドウッドSEEDプログラムの影響は、奨学生自身への直接的な恩恵をはるかに超えるものだと言います。

「このプログラムの本当の力は、障害者社会を過小評価し、疎外する慣習を払拭するためのシステムを教えることだと思います」

ギターを持ってきたライアンの母、メリッサ・フィッチは、これがどのように作用するか、よく分かっているといいます。
ライアンは、近所の小さな学校に通っていました。
積極的な性格のため、誰もが彼を知っていました。

「ライアンは、他の誰にもできないようなことを、学校や地域にもたらしたのです。
障害を持つ子どもが、地域の一員であり、キャンパスのもうひとりの子どもであるということは、家族や多くの人々に、彼を受け入れるということを教えてくれたのです。
仲間に恵まれることは、すべての人の助けになるのです」

(出典・画像:米カリフォルニア大学デイビス校

小中高と違って、大学には自由な雰囲気を感じて、好きなように過ごせたのはすごく良い時間でした。

知的障害をかかえる方にもそんな環境で将来を作っていける機会を提供するのは、本当に素晴らしい取り組みです。

うちの子にもそんな大学があったらいいのにと思います。

知的障害をかかえない方にも良い出会いになること、世界が広がるようなことにも全く同意です。

世界中に広がってほしいです。

米ハーバード大学のニューロダイバーシティ、発達障害の学生事情

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「ゆーたとねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。