発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症と診断されない女の子は自分を理解できないまま成長する

time 2022/02/12

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症と診断されない女の子は自分を理解できないまま成長する

女性は、自閉症であるにもかかわらず診断されないことがあるため、誤解され、一生苦労することになってしまうことがあります。

この問題はここ数年、著名な女性たちによってクローズアップされています。
彼女たちは、成人の自閉症という診断について話すことで、自閉症は男の子や男性のものだという誤解を覆す手助けをしているのです。

自閉症は、思考、感情、交流、体験に影響を与えると言われています。
幼少期には、現在、女の子1人に対して男の子3人が自閉症と診断されています(この比率は時代とともに大きく減少しています)。
女の子は男の子より診断が遅れることが多く、早期支援の機会を逸しています。

自閉症と診断されていない女の子は、なぜ自分が社会的な状況で混乱しているのか理解できないまま成長します。他の人と同じようには友だちを作ることができないかもしれませんし、いじめのターゲットになることもあります。
これは、失敗の生涯の感情や、人格の欠陥を持っていると思う、またはそうであると言われていることにつながる可能性があります。
このような成長期の体験は、大人になってからの心的外傷後ストレス症状につながることもあります。

g3 自閉症と診断されない女の子は自分を理解できないまま成長する

診断されない女の子は、多動性など、容易に観察できる障害を併発しない傾向もあります。
そして、女の子や女性の多くは、自閉症の診断の代わりに、あるいはその前に、他の(正しくない)診断をされててしまいます。

精神衛生の世界には、攻撃的な症状や外向的な症状など、ある種の症状を男性の領域と見なし、不安などの内向的な症状を女性の領域と見なすという偏見が長年存在しています。

臨床的な観察によれば、大人になってから自閉症の診断を受けた女性の多くは、不安障害、うつ病、気分障害、境界性人格障害、強迫性障害、摂食障害など、他のさまざまな診断を受けていたことが明らかになっています。
根本的な原因が自閉症であると思われる場合には、治療と支援は効果的であるように調整されるべきです。

g1 自閉症と診断されない女の子は自分を理解できないまま成長する

またこれまでの調査によれば、女の子は他人の真似をするようになります。
それには、かかえる困難を「覆い隠す」または「カモフラージュ」する効果があるからです。
鏡に向かって表情を作る練習をして、来るべき社会的状況に対応できるようにしたり、他の女の子を真似して体の置き方を学んだりすることもあります。
「世間話」をしなければならない場合に備えて、さまざまな状況で言うべき台本を用意していることもあるでしょう。
その場その場で直感的に対応するのではなく、ルールに基づいたアプローチをしているのです。

特殊な趣味は、自閉症の男の子よりも 許容範囲 が広いかもしれません。
ゲームや電車だけでなく、動物、音楽、本、学習や研究などもあります。

完璧であろうとしたり、他の分野で達成しようとすることは、社会的困難に対するもう一つの反応となりえます。

これらの戦略は、親、教師、医師に自閉症と思わせない結果につながります。
男の子と比較して、女の子は、動作、狭い興味、儀式化された行動などの反復行動は多くありません。

g4 自閉症と診断されない女の子は自分を理解できないまま成長する

社会的な状況を十分に素早く察知できないことは、女の子や女性にトラウマ的な経験をもたらすリスクを高めます。

親や教師が、女の子の自閉症を認識し理解するためには、より良いサポートが求められます。
女の子は、社会的な手がかりをつかめなかったり、ある領域で同年代の子より少し遅れているように見えたりします。
これらは慎重に観察してください。
女の子とどのように社会的状況をナビゲートするかについて会話することで、明らかになることもあります。

自閉症の女の子は、よくコミュニケーションができ、まわりの人たちの感情をよく感じとれる情勢に成長することもあります。
この場合には、まわりからの否定的な感情を受けて、自分へ疑問をますます強くもつ結果になる可能性があります。

自閉症の女の子や女性がどのように見逃されてしまうかをもっと理解する必要があります。
また、性別の二元的な概念を超えて考えることも重要で、自閉症の人たちにも性別の多様性があります。

(出典:米THE CONVERSATION

女性の方が見過ごされるのは日本ではどの程度なのかわかりませんが、

必要とされる方に適切な支援が行われる前提となる、正しい診断が求められます。

自閉症の女の子は食事の問題をかかえる。とくに人がいるとき

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「運動会のねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。