発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の私には難しいこともあったが、バレエが人生を豊かにした

time 2022/03/06

この記事は約 6 分で読めます。

自閉症の私には難しいこともあったが、バレエが人生を豊かにした

バレエの先生に「親指に気をつけなさい」と言われ、左手の親指を見ました。
数秒後、親指を手のひらに収めなさいということなのだとわかりました。
私は物事を文字通りに受け取る傾向があります。

25歳になってから、私は自閉症と診断されました。
しかし、その前からずっと私は自閉症でした。

バレエ教室は、私にとって安全な場所でした。
なぜ私が日常生活や明確なルールのある環境、話す必要のない社会的状況を切望するのか、その理由がわかる前からです。

バレエ教室は、12歳から芸術を学ぶ私に安定感を与えてくれました。
自閉症の人は、重要でない情報を自動的にフィルターにかけることができないため、日常生活はとてもたいへんです。

窓の外の音、歩道の葉っぱ、毎朝頭に巻きつくカールの感触など、無秩序なそれらに気が取られます。

バレエの教室ではいろいろな順番が決まっているので、情報を処理しやすいのです。

バレエの教室は、私の社会性の発達にも役立っています。
ほとんどの社会的な場面では、多くの暗黙のルールが存在し、自閉症の人々にとってはとらえどころがなく、常に変化しているように感じられるます。

思春期には、自分が社会のルールを破ったと直感しても、その間違いが何なのか分からないことがありました。
バレエの世界では、ルールは直接的に示されます。
あるとき、先生がコンビネーションを教えているときに、前に立っていた女の子たちに、「先生が教えているときは、生徒は先生の後ろに立ちなさい」と言われました。
その具体的な表現は私にはとても分かりやすいです。
このようにバレエのエチケットを明確に教えてもらったことで、私は教室ではよりうまくやっていけました。

また、バレエ教室はパラレルプレイ(社会性の発達段階において、子どもたちが相互作用ではなく、隣同士で独立して遊ぶことを好むこと)に似ているため、友だちと遊ぶことではなかなか得られない充実感も得られました。

自閉症の人たちは、他の多くの自閉症でない人たちと違って、大人になってもパラレルプレイにやりがいを感じることができるのです。
そしてバレエは、複雑な社会的相互作用を介することなく、言語を介さずに親密さを感じ、コミュニティの一員であることを実感できる方法です。

v3 自閉症の私には難しいこともあったが、バレエが人生を豊かにした

しかし、バレエが私の人生を豊かにしてくれる一方で、自閉症のダンサーを疎外する要素もたくさんあります。

バレエのクラスで想定される多くのことが私には当てはまりません。
例えば、人は歩くときに腕と脚を反対に振りますが、私はそうではありません。

幼い頃、通っていたあるバレエ教室では、私がそわそわして落ち着かないからとスカート身につけるのを禁止されました。
発達障害の人たち(自閉症やADHDなどの人たち)は、身体的、感情的に自分をコントロールするために「刺激」を必要とします。

その刺激、自己刺激行動は、体を揺らしたり、手をばたつかせたり、その他の反復的な動作が含まれます。

ダンス中の余計な動きを修正することは正当ですが、ダンスをしていないときに、待っている間にスカートをいじっている生徒を批判することは不要だと思います。
自分に刺激を与えたほうが、コンビネーションをより早く習得でき、感情のコントロールもうまくできるようになります。
これではプロのダンサーとして失格だと言う先生もいるかもしれませんが、私はプロの世界でも、より多くの人を受け入れるために合理的な変化を起こすべきだと考えています。

バレエには、独特の布地、ヘアスプレーのかかった楽屋、大音量の音楽など、感覚を刺激するものがたくさんあります。
それらは、自閉症のダンサーにとっては悪夢となることもあります。
感覚の問題は、一人ひとりの神経系に特有のもので、単なる嫌悪感ではなく、身体的な痛みとして認識されることがあります。

例えば、私が子どもの頃通っていたスタジオのドレスコードでは、特定のメーカーのレオタードが必要で、袖が肌に触れる感覚が、私の感覚過敏の引き金となることがありました。
制服や衣装、音楽についてダンサーが不満を口にしたときには、私は先生たちにその理由を調べるよう勧めています。
それが感覚の問題であれ、ボディイメージの問題であれ、あるいはその他の問題であれ、偏見を持たずにオープンに話し合うことで、問題の核心に近づくことができるはずです。

v1 自閉症の私には難しいこともあったが、バレエが人生を豊かにした

感覚処理の問題を放置しておけば、長期的には危険な影響を及ぼすことさえあるのです。
私は人生のほとんどの期間、ダンス中に股関節の違和感を感じていましたが、それは単に筋肉の動きと関係があるのだと思っていました。
しかし、最近になって、この感覚は慢性的な損傷であることを知りました。
自閉症の人は、インターセプト、つまり自分の体の中の感覚を知覚することに苦労しています。
私は理学療法士に相談し、その違いを見分ける手助けをしてもらっていますが、痛みの識別について話すことは、先生がすべての生徒とすべき会話なのです。

配慮を求めたダンサーだけでなく、自分の障害を知らない人、必要なものを求める言葉を持っていない人たちも含めて、みんなこうした違いをかかえています。

自閉症の女性は、子どもの頃に自閉症と正式に診断される可能性が非常に低くなっています。
一人ひとりのニーズはそれぞれ異なり、万能な対応策は存在しません。
しかし、誰もが安心してバレエ教室に入れるようにするための第一歩は、その人の自主性を重んじることです。
問題を解決するときは生徒の意見を聞くこと、生徒に触れる前に質問し、その答えを尊重すること、生徒がニーズを示したら、それに応えるための創造的な解決策を考えること、などです。

なぜ特定のルールが存在するのかについて会話することは、私には助けになりました。
制服の理由について話し合うことができたなら、先生に、なぜ私がレオタードを着るのが難しいのか説明し、他の服を着る許可が得られたかもしれません。

しかし、私の経験では、制服を着ていない生徒は叱られるだけなので、私は自分の不快感を口にすることが怖くてできませんでした。

v4 自閉症の私には難しいこともあったが、バレエが人生を豊かにした

私は高校3年生のときにダンスのキャリアを真剣に考えたました。
しかし、私はダンス教室から排斥されることが多くあったため、バレエでのキャリアは追求しませんでした。

今では、企業やスタジオが自閉症の観客のために公演しています。
その一方で、バレエ教室では自閉症のダンサーは受け入れられない、芸術の世界に歓迎されていないように感じます。
それでも、私はバレエが大好きです。

今は、忍耐強く、私のニーズを尊重し、私の違いに対して偏見のない先生から定期的にレッスンを受けています。

すべての自閉症のダンサーが、自分を認めてくれる先生を見つけられる。
より多くの人が安全で歓迎される場所を見つけることができるようになることを願っています。

(出典:米DANCE magazine)(画像:Pixabay

慣例、慣習が多い世界でも、それに夢中で大好きな人であるなら、柔軟に対応していただけたらと思います。

夢中になって、大好きになって、輝ける機会は増やす方向でお願いします。

発達障害の子たちが好きなように踊り、自信をつけるダンス教室

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「寝ましょうよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。