発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の青年は各地の警察署を訪れ、警察官は自閉症を学ぶ

time 2022/03/07

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の青年は各地の警察署を訪れ、警察官は自閉症を学ぶ

警察に障害について学んでもらうことが使命だと、ある青年が自らの経験を生かし活動しています。
金曜日に、青年は米ペンシルバニア州の警察アカデミーを訪れました。

この青年、21歳のアレックス・マンは、警察と自閉症の人たちとの良い関係を築くという目標をもっています。

「私は自閉症と診断されています。
自閉症について、認識を広めることを自分の使命としました」

k4-1 自閉症の青年は各地の警察署を訪れ、警察官は自閉症を学ぶ

マンは3年前からペンシルバニア州内の警察署を訪問し、自閉症スペクトラムの人たちとの接し方を教えています。

「我慢すること、落ち着くこと、理解することです」

今回で150回目の訪問となりました。
予想以上に大きな影響を与えました。

「今まで会ったこともないような警察官から、私がどれだけ彼らを助けたかというメッセージや電子メールをいつも受け取っています」

米ペンシルバニア州警察は、マンとの協力は地域社会との関係構築の一環であるといいます。

「マンから学んで、マンのような人を理解することは、私たちの使命にとってとても重要なことです」

k1-2 自閉症の青年は各地の警察署を訪れ、警察官は自閉症を学ぶ

米ペンシルバニア州警察はまた、精神的な緊急事態に対処できるよう警察官を教育する、危機介入トレーニングも開始しました。

「私たち警察官にとって、信頼を得ることは大切なことです」

k3-2 自閉症の青年は各地の警察署を訪れ、警察官は自閉症を学ぶ

マンにとって、この訪問は単に警察を教育するためだけでなく、彼らの仕事の支援にもなっています。

「私のように警察を信頼し、敬意をもっている人がいることを知ってほしい」

マンは、今後もできるだけ多くの警察署を訪問し、メッセージを伝えていく予定です。

(出典・画像:米abc27

「警察」かっこいいですもんね。

こうして青年を迎え、そして学ぶ。素晴らしいです。

消防士だった父親を慕う知的障害の青年が消防署でボランティア

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「ゆーたとねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。