発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

女性の発達障害、ADHDは見過ごされてしまうことが多い

time 2022/03/25

この記事は約 3 分で読めます。

女性の発達障害、ADHDは見過ごされてしまうことが多い

大人になってから発達障害と診断された女性が多くなっています。
これは、知られてきた症状がすべて男性に見られるものに焦点をあててきた傾向があるため、女性については人生の後半になってからわかることが多いためです。

注意欠陥多動性障害 (ADHD) は、不注意、(困難な集中力と焦点)と多動性と衝動性での困難をかかえるものと英国民保健サービス(NHS) は定義しています。
そしてこう伝えています。

「ADHDは、女の子よりも男の子に多く診断されます。女子は不注意のみの症状が多く、ADHDの症状を顕著にする破壊的な行動を示す可能性は低い。つまり、ADHDを持つ女子は必ずしも診断されない可能性があります」

w2 女性の発達障害、ADHDは見過ごされてしまうことが多い

女性のADHDの症状は、多動性の症状を呈する可能性が低いため、ADHDの診断が見落とされてしまうことがあります。

しかし、最近はソーシャルメディアなどのおかげで、女性たちは成人女性の不注意性ADHDの症状への認識を変えるために、自分の症状が共有されるようになってきました。

「成人の場合、ADHDの症状を定義することはより困難となります。
これは、大人のADHDに関する研究が不足していることが主な原因です。
ADHDは発達障害であるため、子どもの頃に最初に現れなければ、大人になってから発症することはないと考えられています。
しかし、例えば、多動性は大人になってから減少する傾向がある一方で、不注意は大人の生活のプレッシャーが増すにつれて残る傾向があります。
ADHDの大人の症状はまた、子どもの頃の症状よりもはるかに微妙である傾向があります」

w3 女性の発達障害、ADHDは見過ごされてしまうことが多い

大人のADHDに関連する症状として、次のようなものが挙げられます。

  • 不注意と細部への注意力不足
  • 古い仕事を終える前に新しい仕事を始めることが多い
  • 整理整頓が苦手
  • 集中できない、優先順位がつけられない
  • 物をなくしたり、置き忘れたりすることが多い
  • 忘れっぽい
  • 落ち着きがなく、イライラする
  • 黙っているのが苦手で、つい口をついて出てしまう
  • 返事をぼそぼそとし、他人の邪魔をすることが多い。
  • 気分の落ち込み、イライラ、短気
  • ストレスに対処できない
  • 極端な焦り
  • 危険な運転など、個人の安全や他人の安全をほとんど、あるいはまったく考慮せずに、危険を冒して活動することがよくある

ADHDの可能性がある場合は、専門の医療機関に相談することが重要です。

(出典:英WalesOnline)(画像:Pixabay

私もいくつかあてはまります。

それは多くの人もそうだと思います。

深刻な問題をかかえ支援を本当に必要とされる方がいます。

だからこそ、自己診断で簡単に決めつけることなく、必要がある場合には専門機関に相談してください。

自閉症とADHDは異なる発達障害とされるが重複するところも

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「楽しそうだね、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。